iPhone14用A16チップの設計完了〜TSMCの4nmプロセスで製造、単価値上げ

    iPhone14 EAP_01172

    iPhone14 EAP_01172
     
    中国メディアMyDriversが、iPhone14シリーズに搭載されるA16 Bionicの設計が完了、TSMCの4nmプロセスで製造されると報じました。

    4nmプロセスでの製造は、約8%〜10%の値上げに

    iPhone14シリーズに搭載されるA16 Bionicは、TSMCの4nmプロセスFab 18)で製造されるとMyDriversは伝えています。
     
    A16 Bionic用にAppleは12万枚~15万枚のウェハーを確保したようですが、半導体不足の影響により仕入れ価格は2021年比で約8%〜10%の値上げになるようです。
     
    AppleはTSMCの最大の顧客であるため、この値上げ率は他社と比べて低く抑えられているとMyDriversは述べています。
     
    A16 Bionicは6コアCPUを搭載し、Wi-Fi 6Eに対応する見通しです。

    M2シリーズや5GモデムもTSMCが製造予定

    MyDriversによれば、M2チップの設計もまもなく完了するようです。
     
    M2チップは2022年後半、M2 ProとM2 Maxが2023年前半に発表されるとみられており、いずれもTSMCが製造します。
     
    また、TSMCはApple独自開発の5Gモデムも製造すると噂されています。
     
     
    Source:MyDrivers
    Photo:EverythingApplePro E A P/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次