トップページ > Mac > M2搭載MacBook Airの製造試験が昨年12月に実施、1月中旬から量産開始?
2022年1月5日 17時45分

読了まで 25

M2搭載MacBook Airの製造試験が昨年12月に実施、1月中旬から量産開始?

MacBook AIr 2022 AD


 
iDrop Newsが、M2チップ搭載MacBook Air製造試験が昨年12月13日〜12月16日に実施され、2022年1月第2週から量産が始まると伝えました。

2021年12月に、製造試験実施

iDrop NewsはリーカーのLeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)からの情報として、昨年12月に実施されたM2チップ搭載MacBook Airの初期製造報告書について伝えています。
 
LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)によれば、初期製造報告書とは製造試験において起こった問題点や結果に関し、下記の項目ごとにまとめたものとのことです。
 

  • 製造試験の内容
  • 従業員の健康、安全面に関して
  • 製造能力
  • 課題と解決策
  • 最終結果

 
この製造試験は2021年12月13日からFoxconnの工場で4日間にわたって行われ、2021年12月16日に終了したと初期製造報告書に記されているようです。
 
LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)は今回の製造試験に関し、Apple、Foxconn、ジャパンディスプレイ(JDI)、Samsung、3M、Texas Instruments、TSMCの担当者が参加したと述べています。

製造試験は成功、来週から量産開始か

今回の試験では約80台のM2チップ搭載MacBook Airが製造されましたが、どの工程でも問題が発見されなかったことから、2022年1月第2週(1月10日〜)には量産を始めることができるようです。
 


 
 
Source:LeaksApplePro(@LeaksApplePro)/Twitter via iDrop News
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる