M2シリーズの開発完了、更新は1年半ごと〜A16とともにTSMCの4nmで製造

    M2 MacBook. ZoT

    M2 MacBook. ZoT
     
    中国メディアIT之家が、Appleは新しいAppleシリコン「M2シリーズ」の開発を完了、同チップはA16チップとともにTSMCの4nmプロセスで製造されると報じました。

    M2、M2 Pro、M2 Maxがラインナップ?

    IT之家によれば、AppleはM2シリーズの開発を完了しており、同チップはTSMCの4nmプロセスで製造されるとのことです。
     
    MacおよびiPad Pro用のMシリーズチップの更新は、iPhoneおよびiPad用Aシリーズチップと異なり、18カ月ごとになるようです。
     
    M2シリーズ各チップが搭載されるMacは、下記のようになるとIT之家は予想しています。
     

    モデル名 搭載チップ 登場時期
    MacBook(MacBook Air後継モデル) M2 2022年後半
    Mac mini
    iMac
    MacBook Pro M2 Pro / M2 Max 2023年前半
    iMac Pro
    Mac Pro

    M2シリーズは新アーキテクチャ採用か

    M2シリーズのコードネームは、M2チップが「Staten」新しいCPUアーキテクチャ「M2X」が「Rhodes」で、M2XをベースにGPUコア数の異なるチップがM2 ProおよびM2 Maxになると、IT之家は記しています。
     
    その次の世代となるM3シリーズチップの製造は、TSMCの3nmプロセスで行われる見通しです。
     
    M2 roadmap

    A16はGPUコア数が異なる2種類

    IT之家は、iPhone14シリーズ用A16チップのCPUコア数は6コアで、GPUコア数によりベースモデル用とProシリーズ用に差別化されると伝えています。
     
    同チップは次世代LPDDR5 DRAMやWi-Fi 6Eに対応し、全てTSMCの4nmプロセスで製造される見通しです。
     
     
    Source:IT之家, MyDrivers
    Photo:ZONEofTECH/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次