2021年11月29日 20時00分

読了まで 146

Wi-Fi 6 / Wi-Fi 6E関連チップの出荷数増をサプライヤーが計画

Wi-Fi 6E


 
用システム・オン・チップ(SoC)が不足している中で、サプライヤーは生産と供給体制を強化していると、台湾メディアDigiTimesが報じました。

Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E SoCの出荷数増加を計画

DigiTimesによれば、Wi-Fi SoCのサプライヤーは出荷数を増やすともに、部品販売単価値上げと、利益率の向上を目指しているようです。
 
Wi-Fi SoCの中でも特に不足しているのは、および関連チップと、業界関係者はDigiTimesに対して述べています。

Wi-Fi 6E対応製品が今後増加する見通し

製品においても、2022年モデルとなるiPhone14シリーズと、開発中の拡張現実/仮想現実(AR/VR)ヘッドセットがWi-Fi 6Eに対応すると噂されています。
 
また、現行モデルであるiPhone13シリーズは、Wi-Fi 6に対応しています。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Broadcom
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる