iOS12が18日にリリース!Siriの新機能など、12のアップデート内容をおさらい

    iOS12おさらい
    iOS12おさらい
     
    9月18日からダウンロードが可能になるiOS12では、多くの新機能が追加されます。iOS12は、iPhone XRやiPhone XS/XS Maxに標準で搭載されるOSでもあり、買い替えを考えている方は特に注目したいアップデートです。この記事では、リリース直前の今日、iOS12の主なアップデート内容を簡単に紹介します。

    1.パフォーマンスの向上

    iOS12おさらい
     
    iOS12では、アプリケーションの起動速度がこれまでの2倍になるなど、様々なアクションの速度が上昇します。
     
    スワイプでカメラを起動する際の起動速度が従来より70%速くなるほか、キーボードの表示が最大50%速くなります。
     
    他にも、アニメーションが全体的にスムーズになり、コントロール画面をスワイプで呼び出す動作などが改善されます。
     

    ■関連記事■
    Appleが速いと力説するiOS12ベータは本当に速いのか?iOS11.4と比較

    2.FaceTimeでグループ通話が可能に

    iOS12おさらい
     
    FaceTime通話が、グループ通話に対応します。一度に最大32人まで、ビデオ通話とオーディオ通話をすることができます。
     
    メッセージアプリでグループチャットをしている場合は、グループチャットから直接グループ通話をかけることも可能です。
     
    また、すでに開始されているグループ通話には好きなタイミングで途中参加することができます。
     
    ただし、この機能は提供の延期が決まっており、iOS12と同時リリースではなく、リリース後のアップデートで実装される予定となっています。
     

    ■関連記事■
    最大32人のグループFaceTime、AppleがiOS12との同時提供を見送り

    3.アニ文字の追加

    iOS12おさらい
     
    iPhone Xから追加された、カメラで自分の表情を解析し、犬や猫、クマなどに反映させるアニ文字機能に、新しいアニ文字が追加されます。
     
    追加されるのはコアラ、トラ、おばけ、ティラノサウルスの4種類です。
     
    なお、アニ文字は、TrueDepthカメラを搭載した、iPhone X/XS/XS Max/XRのみが使える機能です。それ以外の機種では、残念ながら利用できません。

    4.ミー文字の実装

    iOS12おさらい
     
    ミー文字は、アニ文字で表情を反映させるキャラクターを、自分自身をイメージして自作できるようになる機能です。
     
    髪型や髪色、顔のパーツや肌の色、メガネなどのオプションを選んで、自分の分身を作り、アニ文字化することができます。
     
    ミー文字はアニ文字の一種のため、アニ文字と同じくiPhone X/XS/XS Max/XR以外の機種では利用できません。
     

    ■関連記事■
    iOS12の「ミー文字」に見た、新たなコミュニケーション体験の可能性
    iOS12の「ミー文字」とSamsungの「AR絵文字」を動画で比較

    5.カメラエフェクトの追加

    iOS12おさらい
     
    FaceTime中や、カメラでの撮影中に、直接アニ文字やミー文字、ステッカー、テキストなどを追加できるようになります。
     
    エフェクトを追加した写真やビデオは、そのままッセージで送信することができます。
     
    カメラエフェクトの追加も、TrueDepthカメラが必要のため、利用できるのはiPhone X/XS/XS Max/XRのみになります。

    6.ARKit 2への進化

    iOS12おさらい
     
    ARKitは、拡張現実(AR)をiPhoneで実現するためのプラットフォームです。iOS12でARKit 2へとアップデートされることにより、様々な要素が追加されます。
     
    例えば、複数のユーザーで1つのゲームをプレイしたり、観戦モードを利用して、他のユーザーのAR体験を一緒に見ることができます。
     

     
    メジャー機能が追加され、ARを利用して現実世界のオブジェクトのサイズを測ることができます。
     

    ■関連記事■
    iOS12のARKit2.0アプリ「メジャー」の実力は
    「ARKit 2.0」で制作されたデモ映像の数々

    7.スクリーンタイム

    iOS12おさらい
     
    スクリーンタイムは、アプリケーションをどれだけの時間使っているか、細かく見ることができる機能です。
     
    自分がなにをどのくらい使っているかを知り、時間の使い方を改善することができます。
     
    iOS12おさらい
     
    また、子どものデバイスの利用時間をチェックし、ゲームをやりすぎていないかどうかを確認するといった使い方も可能です。
     

    ■関連記事■
    iOS12の新機能「Screen Time」を詳しく解説!

    8.通知機能の強化

    iOS12おさらい
     
    通知のオンオフをロック画面から管理できるようになるほか、同じアプリからの通知を1つにまとめることも可能です。
     
    「目立たない形で配信」という新しい通知の設定が追加され、通知センターには表示されないけれど、ロック画面には表示される、といった設定が可能になります。
     

    ■関連記事■
    iOS12で大きく改善された通知機能まとめ

    9.おやすみモード

    iOS12おさらい
     
    おやすみモードの設定が追加され、設定する時間指定や、「この場所にいる間だけおやすみモードにする」などの細かい設定ができるようになります。
     
    あらかじめカレンダーにイベントを登録しておけば、イベントの時間だけ同モードにする、という設定も可能です。
     

    ■関連記事■
    特定の時間はiPhoneの着信音を鳴らさない「おやすみモード」

    10.写真共有の新機能

    iOS12おさらい
     
    写真に写っている相手がiOS12を使っていたら、その相手に写真を共有できる「For You」機能が追加されます。
     

    ■関連記事■
    iOS12ではiCloudのリンク経由で写真共有が可能に

    11.写真の検索

    iOS12おさらい
     
    写真の検索機能が大幅に強化されます。
     
    撮影地や写っている人物で写真を検索できるようになり、複数のキーワードで絞り込むことも可能です。

    12.Siriショートカット機能

    iOS12おさらい
     
    Siriがこれまでより複雑な指示を実行できるようになります。
     
    他社製のアプリと連携が可能になり、Siriに一声かけるだけで複数のアプリを連続して起動したり、機能を続けて実行できるようになります。
     
    ショートカットは自分で作成することもできるので、Siriで実行可能な指示が大幅に増えることになります。
     
    なお、Siriショートカットは、iPhone6s以降でしか使えません。
     

    ■関連記事■
    iOS12の「Siriショートカット」はiPhone6s以降でしか使えない
    iOS12で追加されるSiri新機能まとめ

    その他細かい機能追加や修正

    大きなアップデートの他に、小さな修正や機能追加も行われます。
     

     
    その他細かい修正はまだまだあります。
     
    Siriと写真検索が格段に便利になり、これまでよりも使い勝手がよくなるiOS12アップデート、今から楽しみですね!

     
     
    Source:Apple
    (かえで)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次