iOS12の「Siriショートカット」はiPhone6s以降でしか使えない

    ios12 siriショートカット

    ios12 siriショートカット
     
    iOS12に搭載される新機能「Siriショートカット」は、iPhone6sシリーズ以降でしか使えないことが分かりました。

    ショートカットで複数のコマンドを実行

    Siriショートカット」とは、AppleがWWDCで発表したiOS12新機能で、事前にカスタマイズした複数のタスクが、特定のキーワードをSiriに一言話しかけるだけで実行されるというものです。2017年にAppleが買収したWorkflowの技術が元になっているとされます。
     
    Redditユーザーがこの機能に関して、AppleでSiriの開発部門を率いるクレイグ・フェデリギ上級副社長に質問を送ったところ「パフォーマンスの問題から、iPhone6/6 PlusではSiriショートカットを使えない」との回答が返ってきたそうです。
     

    ios12 siriショートカット

     
    フェデリギ氏が言及しているのはiPhone6シリーズのみですが、同氏の表現からiPhone6sシリーズ以前に発売されたiPhone5sも同じく、iOS12のサポート対象でありながら、性能が基準に満たないためにSiriショートカットを使うことができないと考えられます。

    以前にもiPhone6の制限が話題となったが

    iPhone6シリーズについては、2016年にもiOS10から搭載された「手前に傾けてスリープ解除」がiPhone6s以降でしか使えないことが問題となりました。
     
    この時は「(ハードウェアの設計の違いで使えないのではなく、)単に新しいiPhoneの限定機能にしたかっただけの可能性がある」という指摘が出ていましたが、さすがに今回はiPhone6発売から4年とあって、新iPhoneの限定機能にしたかったというわけではなさそうです。
     
     
    Source:iPhone Hacks via 気になる、記になる…
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次