2018年7月5日 11時48分

読了まで 154

iOS12ではiCloudのリンク経由で写真共有が可能に

icloud photos


 
iOS12のベータ版をインストールしたユーザーが、での共有方法に小さな変化があったことを報告しています。これまでも写真アプリからは共有アルバムの共有、メール、メッセージ、各種SNSなどでの写真の共有が可能でした。これに加えてiOS12ではのアドレスへのリンクでの共有が可能になっています。

縮小せずに共有可能

写真アプリから共有したい写真を選択し、共有メニューから「リンクをコピー」を選べば、30日間有効の専用アドレスが生成されます。このアドレスをメールなどに貼り付ければ、送信時にはほとんどデータ通信量を使わずに写真を共有することが可能になります。そのため送信時に写真のファイルサイズを縮小する(画質を落とす)必要がなくなり、高画質な写真の共有が手軽にできるようになります。
 
もちろんこの共有メニューを使うにはiCloud上に写真が保存されている必要があるのですが、Webブラウザさえあれば写真が閲覧できるので、より多くの人との共有が可能になります。またリンクで共有される写真には撮影日時、撮影デバイス、なども含まれており、SNSなどへのアップロードでは失われてしまう情報も共有することが可能です。
 
icloud apple
 
ただ、この共有(専用のリンク作成)でiCloud上に新たなストレージが必要なのか、それが有料部分の容量を消費するのかはまだわかっていません。いずれにせよ、iCloudのリンクで写真が共有できるようになることで、共有先のOSやSNSアカウントの有無などを気にする必要がなくなります。また不特定多数との写真共有にも便利な機能にもなるでしょう。iOS12の他の新機能と比較すれば小さな変化ですが、確実に便利になる改善だと考えられます。
 
 
Source:iPhoneHacks
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる