2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14 Proと14 Maxの製造において部品供給問題が発生〜クオ氏

    iPhone14 lineup prive AH

    iPhone14 lineup prive AH
     
    アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14 ProiPhone14 Maxの製造において部品供給問題が発生していると伝えました。

    問題発生も、解消の方向へ

    クオ氏によれば、iPhone14 ProiPhone14 Maxの製造において部品供給問題が発生したようですが、サプライヤーを調整するなどし、解消に向かう見通しです。
     

    iPhone14 Pro用LPDDR5と14 Max用ディスプレイパネル製造で問題発生

    iPhone14 Pro用LPDDR5メモリは、2022年第3四半期(7月〜9月)中はSamsungが独占供給し、量産開始時の需要に対応するようです。
     
    同メモリはMicronとSK Hynixも供給する見込みですが、Micronは認証を取得するのが遅かったこと、SK Hynixでは品質問題が発生したことから、両社が供給を開始するのは2022年第4四半期(10月〜12月)になると、クオ氏は予想しています。
     
    iPhone14 Maxでは、LG Displayが製造する有機EL(OLED)ディスプレイパネルの製造において問題が生じているようで、初期在庫不足を回避するため、不足分をSamsung DisplayとBOEが製造すると、クオ氏が述べています。
     
    ただし、LG Displayは問題解消に向けて動いており、それほど時間を要せずに解決できる見込みです。
     
    iPhone14用OLEDディスプレイ製造においても問題が生じたようですが、3社が分担しているからか、それほど大きな問題になることはないようです。
     


     
     
    Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次