トップページ > 最新情報 > iPhone13で名称決定?組立作業受注比率はFoxconnが最多〜台湾メディア報道
2021年7月5日 17時50分

読了まで 152

iPhone13で名称決定?組立作業受注比率はFoxconnが最多〜台湾メディア報道

iPhone13 MTT


 
名称はiPhone12sになると伝えられている新型iPhoneですが、サプライチェーンの間では、「iPhone13」の名称に決まったと噂されているようです。

「iPhone13」の組み立て作業に中国Luxshare参入

台湾メディア聯合新聞網がサプライチェーンからの情報として、今年発売される新型iPhoneの名称が「iPhone13」に決まったと噂されていること、サプライヤー各社の組み立て作業分担比率を報じました。
 
iPhone13シリーズの組み立て作業分担比率は、FoxconniPhone13 Pro Maxの全数、iPhone13 Proの60%、iPhone13の68%を担当します。
 
iPhone13と記されている5.4インチモデル(仮称:iPhone13 mini)の組み立て作業は、Pegatronが全てを担うようです。
 
残りの、iPhone13 Proの40%を中国Luxshareが、iPhone13の32%をPegatronが担当する見通しです。
 
iPhone13 assemble UDN

iPhone12sとの予想多数だが

今秋に発売される新型iPhoneの名称は、前評判が悪い「iPhone13」ではなく「iPhone12sもしくはiPhone12S)」になるとの予想が増えていました。
 
iPhone13 miniではなく、iPhone13(5.4インチ)と記述されている点も含め、台湾DigiTimesや、サプライヤー事情に詳しいアナリスト、ミンチー・クオ氏などからの続報が待たれます。
 
 
Source:聯合新聞網
Photo:Matt Talks Tech/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる