トップページ > iPhone13 > iPhone13 miniのプロトタイプ画像か!?リアカメラは噂通り斜め配置
2021年4月22日 20時35分

読了まで 24

iPhone13 miniのプロトタイプ画像か!?リアカメラは噂通り斜め配置

iPhone-13-mini-prototype-a


 
iPhone13 miniプロトタイプと称するものの画像が、中国のソーシャルメディアWeiboに投稿されました。

斜めに配置されているリアの2眼カメラ

WeiboユーザーのDigital Madness氏(科技的那些事)が、iPhone13 miniプロトタイプと称するするものの画像を投稿しました。
 
iPhone-13-mini-prototype
 
Digital Madness氏(科技的那些事)が公開したiPhone13 miniのプロトタイプには、一時噂されたLiDARは搭載されていないようです。
 
iPhone13とiPhone13 miniは、センサーシフト式の手ぶれ補正機構を搭載するために、リアカメラの配置が斜めになると伝えられています。
 
iPhone13 miniについてこれまで、同デバイスのCADデータとするものが、投稿されていました。
 
iPhone13 miniのリアカメラはレンズが大きくなり、リアカメラハウジング部の厚みが、iPhone12 miniよりも約0.9ミリ〜1ミリ増加する見通しです。

最後の「mini」モデルになる?iPhone13シリーズに関する噂

アナリストのミンチー・クオ氏は、5.4インチディスプレイを搭載する「mini」モデルはiPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)にはラインナップされないと伝えていました
 
5.4インチディスプレイ搭載iPhoneは、iPhone13 miniが最後のモデルになる可能性があります。
 
iPhone13シリーズは、ノッチ(フロントカメラハウジング部)横幅が狭くなり全モデルが5Gミリ波に対応、iPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Maxが低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイを搭載し、リフレッシュレート120Hz常時点灯が実現すると噂されています。
 
 
Source:Digital Madness氏(科技的那些事)/Weibo via Gizchina
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる