iPhone13シリーズ用のRFPCB、50%以上を韓国BHが供給〜各社の比率が変化 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPhone13シリーズ用のRFPCB、50%以上を韓国BHが供給〜各社の比率が変化
2021年7月3日 09時10分

読了まで 150

iPhone13シリーズ用のRFPCB、50%以上を韓国BHが供給〜各社の比率が変化

iPhone13 AD 0609


 
韓国メディアThe Elecが、iPhone13シリーズ(iPhone12sとの噂もあり)用リジットフレキシブルプリント基板(RFPCB:Rigid Flexible Printed Circuit Boards)の50%以上を、韓国BHが供給すると報じました。

iPhone14シリーズ(仮称)で分担比率が70%に増加?

The Elecによれば、iPhone13シリーズRFPCBは、BHが50%強、Samsung Electro-Mechanicsが30%、Young Poong Electronicsが残りの10%強を供給する見通しです。
 
Samsung Electro-Mechanicsは2021年中にRFPCBの製造から撤退するため、BHの供給数が今後さらに増えるようです。
 
The Elecは、2022年モデルのiPhone(仮称:iPhone14シリーズ)では、BHが最大70%、残りをYoung Poong Electronicsが供給する可能性があるようです。

新たなサプライヤーが参入か

ただし、Samsung Electro-Mechanicsの代わりに別のサプライヤーが参入する可能性があるとThe Elecは指摘しています。
 
同メディアはその候補として韓国Interflexの名をあげています。Interflexは2017年にiPhone Xの有機ELディスプレイパネルとタッチスクリーン用のRFPCBを供給しましたが製品に欠陥があったためその後、サプライチェーンから外れていました。
 
 
Source:The Elec
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる