トップページ > iPhoneの使い方 > iOS10新機能 > iOS10で追加された新機能まとめ
2017年3月1日 00時00分

読了まで 637

iOS10で追加された新機能まとめ

iOS10で追加された新機能について知りたい

A.

iPhone7、iPhone7 Plusに搭載されており、旧iPhone機種向けにも配信された最新のOSiOS10では、前バージョンのiOS9と比べ、さまざまな標準アプリの機能が強化されたほか、Apple Payを使ってSuicaを利用するなどができるようになりました。

iOS10に対応しているiOS端末

iPhone iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone6
iPhone6 Plus
iPhoneSE
iPhone5s
iPhone5c
iPhone5
iPad iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 9.7インチ
iPad Air 2
iPad Air
iPad 第4世代
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
iPod iPod touch 第6世代

 

iOS10の新機能をチェックしよう

iOS10がこれまでのiOSとどう違うのか、チェックしていきましょう。
 

1:メッセージアプリに多くの新機能

 
iMessage(メッセージアプリ)に多くの新機能が搭載されました。メッセージや写真に手書きメッセージやマークを追加して送信したり、メッセージ自体に特殊な効果をつけて送信できます。また音楽や写真、動画をメッセージで送信したり、LINEのスタンプのようなステッカーが新たに追加されました。
 
ステッカー専用のストアiMessage App Storeもオープンし、無料・有料のステッカーを入手してメッセージで楽しめます。
 
iPhoneの説明書 iOS10
 
iMessage対応アプリがあれば、メッセージの送信画面で例えば音楽を共有したりなどが可能となります。
 

  • iMessage(メッセージ)の基本操作
  • メッセージに特殊なエフェクトをつけて送信する
  • メッセージアプリでスタンプ(ステッカー)を利用する
  • メッセージや写真に手書きやアイコンを追加して送信する
  • メッセージアプリで音楽や画像を送信する
  •  

    2:時計アプリのデザイン変更、新機能を追加

     
    時計アプリは、これまでは白を基調としたデザインでしたが、iOS10では黒基調の配色となり、夜や暗い場所で画面を見ても目に優しいデザインとなりました。
     

    iPhoneの説明書 iOS10 iPhoneの説明書 iOS10

     
    新たなアラームの追加やストップウォッチのデザインが変更されたほか、新機能として睡眠時間の記録や分析が行える「ベッドタイム」機能が追加されました。

    3:Siriがさまざまなアプリと連携

     
    iPhoneの音声アシスタントSiriは、これまで標準アプリでしか利用できませんでしたが、サードパーティーにも開放されたことで、さまざまな他社製アプリとも連携できるようになりました。
     
    Siriで音声で指示することで、例えば車を手配したり、電話をかけたりメッセージを送信したり、写真を詳しい条件で検索したり、送金アプリを使った送金のほか、ワークアウトの追跡などができます。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     

  • 音声アシスタント「Siri」を利用する
  • 「Hey Siri」を設定する
  •  

    4:マップアプリも機能を改善

     
    マップアプリでは、交通案内やルート検索、渋滞情報がより詳しくわかるようになります。日本の交通機関にも対応し、乗りかえ検索などが行えるようになりました。
     

    マップ 乗り換え案内 マップ 乗り換え案内

     
    外部アプリとの連携もでき、検索結果やマップアプリ上から、レストランの席を予約したり、街の中を移動するためのタクシーを配車したりできます。
     

  • マップアプリの使い方
  • 「Flyover」で世界の名所を楽しむ
  •  

    5:写真アプリに自動生成されるアルバムなど新機能

     
    撮影した写真や動画を管理できる写真アプリには、自動でスライドショーを生成する「メモリー」や、よく写真に写っている人物を解析する「ピープル」などが追加されました。メモリーでは、特別な思い出や人物、場所の写真や動画を集めて、ほかの人に共有できるメモリームービーにすることが可能です。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     

  • 写真に手書きメッセージやテキストを入れる
  •  

    6:ホームアプリが新たに追加、iPhoneから家電を制御可能に

     
    新たに追加された標準アプリ「ホーム」では、HomeKitに対応した照明や鍵、エアコンなどの製品を、アプリから制御できるようになります。これまでは製品それぞれの社の専用アプリを使う必要がありましたが、ホームアプリで一元管理できるようになりました。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    日が沈んだら照明をつける、帰宅したらドアの鍵をあけて暖房をつける、といったオートメーションも作成でき、コントロールセンターからも簡単にアクセスできます。また、対応するApple TVを保有していれば、外出先からの遠隔操作も可能です。
     

    7:ミュージックアプリのデザインを一新、使い勝手が向上

     
    ミュージックアプリはデザインが一新され、ミュージックアプリに使うメモリ容量の最大値割り当てなどで使い勝手も向上しました。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    楽曲の自動ダウンロード機能が追加されたほか、歌詞の表示にも対応しました。またiPadの場合はSplit Viewに対応しています。
     

  • ミュージックアプリの基本設定
  •  

    8:ロック画面のデザインや表示・操作方法を変更

     
    ロック画面のデザインが一新されました。ロック画面の日付と時計のほか、ミュージックなどのアプリで使われているフォントが太字になり、より見やすくなっています。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    表示方法の変更では、通知センターの通知の表示が変わりました。「今日」画面がなくなり、個々の通知が独立したボックスで表示されます。さらに通知を見られたくないアプリは、ロック中は表示せず、ロック解除後に確認できるようにする設定も可能です。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    ロック画面の左側を右へスワイプすると、ウィジェット画面が表示されます。よく聴くアルバムなどを表示できるほか、ウィジェットの表示設定もロック画面から行えます。またロック状態とわかるように、上部に鍵のアイコンが表示されるようになりました。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    操作方法の変更としては、カメラの起動が、以前は下部から上へスワイプでしたが、iOS10では右側から左へスワイプする手順になりました。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    さらに大きな変更として、通知画面を強く押し込む(3D Touch対応機種)、または長押しする(3D Touch非対応機種でも可能)ことで、そのまま返信するなどの操作ができるようになりました。
     

  • ロック画面の見方
  •  

    9:iPhoneを持ち上げるだけでスリープを解除

     
    ロック状態のiPhoneを机などに置いておき、手に持って持ち上げるだけでロックが解除される機能が追加されました。iPhone6sとiPhone6s Plus、iPhone SE、iPhone7、iPhone7 Plusのみ利用できる端末限定機能です。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     

  • 「持ち上げてスリープ解除」をオフにする
  •  

    10:メディカルIDに臓器提供意思を表示可能に

     
    ワークアウトなどのアクティビティを管理できるヘルスケアアプリでは、所有者の健康情報などを登録しておき、緊急時に医療関係者や救助者がすぐ確認できるメディカルIDが設定できます。このメディカルIDに、新たに臓器提供のドナー登録ができるようになりました。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    そのほかアクティビティのシェアが簡単にできるようになったなど、機能の改善も図られています。
     

    11:留守番電話機能を強化、メッセージ読み上げなど

     
    留守番電話機能が強化されました。留守番電話に保存されたメッセージを、すべてを聴く必要はなく、どのメッセージを聴くかを選べるようになりました。また発音表記をテキストとして表示するベータ機能が英語版のみですが提供されています。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     
    Siriに「新しい留守番電話はある?」「◯◯からの留守番電話を再生する」などと指示することで留守番電話の再生が行えるようになりました。
     

    12:Apple Payがオンラインショッピングでの決済に対応

     
    アプリ内またはSafariのウェブサイトでオンラインショッピングを行う際に、「Apple Payで購入」ボタン、またはApple Payの支払いオプションがあれば、Apple Payを利用できます。会計時にApple Payを使うことを選択し、支払い情報を確認します。そしてTouch ID(指紋認証)またはパスコードを使うと支払いが完了できます。
     
    またFeliCa対応機種のiPhone7/7 Plus、iPhone5以降とペアリングしたApple Watch Series 2では、Suicaが利用できるため、交通機関の改札で交通ICカードをタッチするのと同じように、iPhoneやApple Watchをタッチして利用できます。
     
    Apple Pay 日本 Suica Felica
     

  • Appleの決済サービス「Apple Pay」
  • Apple Payのカードを追加する
  • Suicaアプリを導入する
  •  

    13:メモアプリでのメモを共有して共同制作できる

     
    メモアプリで作成したメモを、閲覧したり編集したりできるよう、ほかの人に参加依頼をすることで、全員が最新の情報を確認できるようになります。参加依頼はメールやメッセージのほか、TwitterなどのSNSでも送信できます。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     

  • メモアプリで作成したメモを共有する
  • メモアプリ内のメモをロックする
  •  

    14:キーボードを切り替えなくても同時に2つの言語を入力できる

     
    これまでは、1つのキーボードで1つの言語しか入力できず、複数の言語で入力する場合はキーボードを切り替える必要がありました。iOS10ではこれが改善され、ほかの言語のキーボードを追加すると、キーボードを切り替えなくても同時に2つの言語で入力できるようになります。
     
    最も頻繁に入力する2つの言語が自動的に切り替わる仕組みで、切り替える手間が省けるよう改善されました。

     

    15:Safariの開ける最大タブ数が無制限に、複数タブの一括閉じも可能に

     
    標準ブラウザのSafariでは、これまでのiOSバージョンでは、同時に開くことができる最大タブ数に制限がありました。iOS10では無制限になり、いくつでもタブを開けるようになったほか、複数のタブを一回の操作で一括閉じできるようになっています。
     
    iPhoneの説明書 iOS10
     

  • Safariでタブを一括で閉じるテクニック
  •  
     
    Source:Apple [1], [2], [3]

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる