トップページ > 最新情報 > iPhoneでSuicaなどを利用できる決済サービス「Apple Pay」
2017年3月1日 00時00分

読了まで 315

iPhoneでSuicaなどを利用できる決済サービス「Apple Pay」

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhoneの説明書 Apple Pay 自撮
 

Apple Payとは、Appleが提供する電子決済サービスです。Apple Payに対応したiPhoneやApple Watchで、Suicaを使って公共交通機関を利用したり、読み取り端末にかざしてショップでの支払いに利用したりできます。
 
また、アプリケーション内やウェブ上でショッピングする際にも、Apple Payでの支払いに対応していれば、対応端末を使うことで決済できます。MacのSafariでApple Payを使う場合は、iPhoneの指紋認証システム「Touch ID」を利用します。Touch ID未対応iPhoneの場合は、設定アプリで支払い許可することでApple Payが利用できます。
 
Apple Payのサービスが提供されている国・地域は順次拡大しており、日本では、2016年10月より提供開始されました。

 

Apple Payに対応している端末
Apple Payを利用するために必要なもの
Apple Payの利用準備
 

Apple Payに対応している端末

Apple Payが利用できるiPhoneは以下の通りです。なかでも、iPhone7およびiPhone7 PlusとApple Watch Series 2には、Suicaが利用できるようになるFeliCaが搭載されています。
 
・iPhone7
・iPhone7 Plus
・iPhone6s
・iPhone6s Plus
・iPhone6
・iPhone6 Plus
・iPhone SE
 
ただしこれらの端末すべてで、公共交通機関での利用、店舗やアプリ内、ウェブ上での支払いができるわけではありません。各端末ごとにサポートしている機能は以下の通りです。
 

製品名 公共交通機関
(Suica)
店舗での
支払い
アプリ内での
支払い
ウェブ上での
支払い
日本国内で販売された
iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone6
iPhone6 Plus
iPhone SE
× ×
日本国内で販売され
iPhone5以降とペアリングした
Apple Watch Series 2
×
iPhone5以降とペアリングした
Apple Watch Series1
Apple Watch(第1世代)
× × ×
iPad Pro
iPad Air2
iPad mini 4
iPad mini 3
× ×
2012年以降に販売された
Mac
× × ×

 

 

Apple Payを利用するために必要なもの

Apple Payを利用するには、Apple Payに対応したクレジットカードやプリペイドカード、Suicaのほか、Apple IDと対応端末が必要です。また使用する端末の地域設定を、日本にしておく必要があります。
 
そして、使用する端末のiOS、watchOS、macOSも、最新バージョンを適用しておきましょう。
 
Apple Payに対応している主要銀行やカード会社の情報は、Appleのサポート文書で確認できます。
 

 

Apple Payの利用準備

Apple Payを利用するには、標準アプリ「Wallet」に、Apple Payに対応したSuicaやクレジットカード、プリペイドカードを追加するだけで利用できます。Apple Watchの場合はiPhoneにペアリングしてきましょう。
 
なお、Suica機能つきクレジットカードの場合、Apple Payの支払いカードとして追加できますが、クレジットカード機能の部分しか取り込まれません。Suica機能はApple Payと連動できないため、Suicaの残高はカード側に残る仕組みになります。
 

 

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる