M2はM3移行への過渡期のSoC〜M3搭載Macやタッチスクリーン搭載Macの発売は

    M3 iMac MacBook Air

    M3 iMac MacBook Air
     
    Apple M2は、早ければ今年後半に発表されるApple M3に向けた過渡期のAppleシリコンと、Bloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレター「Power On」で伝えました。
     
    同記者は、M3搭載Macの開発状況やタッチスクリーン搭載Macの発売時期に関する予想も伝えています。

    製造プロセス微細化はM3まで持ち越し

    TSMCの3nmプロセスで製造されるとの噂もあったM2 ProおよびM2 Maxですが、M2と同じTSMCの5nmプロセスで製造されているようです。
     
    これにより、Apple MシリーズはM1系に続きM2系も5nmプロセスでの製造となり、製造プロセス微細化による大幅な性能向上の期待は叶わないことになります。
     
    M2系のAppleシリコンは、M1系から動作周波数向上と、CPUおよびGPUコア数増加が実現されていますが、製造プロセスが変わらないことでダイサイズが大きくなっていると予想されます(TechInsightsの分析レポートに期待)。
     
    ガーマン記者は、M3TSMCの3nmプロセスで製造、M3を搭載するiMacとMacBook Airの開発が進んでいると述べています。

    タッチスクリーン搭載MacBook Proも開発中

    同記者はまた、有機ELディスプレイタッチスクリーンを備えたMacBook Proが、2025年の発売に向けて開発されていると伝えています。
     
    Appleは、20.25インチ折りたたみOLEDディスプレイを搭載するMacBookを開発中で、2027年に発売されるとの噂もあります。
     
     
    Source:Power On
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次