2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    M3 Pro/Max搭載MacBook Proが1年後に製造開始?大幅性能増?クオ氏

    MacBook Pro M3 Pro Max_1200

    MacBook Pro M3 Pro Max_1200
     
    TSMCの5nmプロセスで製造されるM2 ProおよびM2 Maxを搭載する新型MacBook Proが発表されたばかりですが、次期MacBook Pro用のAppleシリコン、M3 ProおよびM3 Maxの製造がTSMCの3nmプロセスで2024年上半期(1月〜6月)に開始されるとの予想を、アナリストのミンチー・クオ氏が伝えました。

    早くも15カ月後に性能大幅アップの新型が登場!?

    クオ氏によれば、M3 ProおよびM3 MaxはTSMCの改良型3nmプロセス「N3P」か「N3S」で製造されるとのことです。
     
    M2 ProおよびM2 Maxは、TSMCの5nmプロセスで製造されているようですので、それらと比べて微細化による大幅な性能増が期待できます。
     
    クオ氏の予想が的中した場合、次期MacBook Proは2024年第3四半期(7月〜9月)にも発売されることが予想されます。

    A17 Bionicで3nmプロセスに移行開始と噂

    iPhone15 Proシリーズ用A17 BionicとM3は、TSMCの改良型3nmプロセス(第1世代)である「N3E」で製造されると噂されています。
     
    M3 ProおよびM3 Maxがそれよりも新しい「N3P」か「N3S」で製造されるのであれば、SRAMセルの面積は変わらず微細化の効果が小さい課題などが解消されることが期待されます。
     
    TSMC 3nm N3_2
     


     
     
    Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
    Photo:Apple(米国),Tom’s Hardware
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次