トップページ > iPhone13 mini > iPhone14シリーズに予想される5つの新機能や変更点
2021年4月16日 02時45分

読了まで 220

iPhone14シリーズに予想される5つの新機能や変更点

iPhone14 Pro TL


 
Gizchinaが、iPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)で予想される5つの新機能や変更点をまとめています。

5つの新機能や変更点

iPhone14シリーズでは、カメラを中心とした改良が行われると噂されています。

 

5.4インチディスプレイモデルを廃止

 
アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone14シリーズには5.4インチディスプレイモデルはラインナップされないと伝えています。
 
その場合、iPhone13 mini(仮称:iPhone12s miniとの噂もあり)が、最後の「mini」モデルになる可能性があります。
 

リアカメラのセンサーが4,800万画素になる

 
6.1インチディスプレイを搭載するiPhone14 Proと、6.7インチディスプレイを搭載するiPhone14 Pro Max(いずれも仮称)には、ソニー製の1/1.3インチ・4,800万画素イメージセンサーが搭載されると噂されています。
 
動画撮影は、8Kに対応する見通しです。
 

8Pレンズ

 
リアカメラの改良はイメージセンサーだけではなく、レンズでも行われるようです。Gizchinaは、iPhone14シリーズには8P(8枚構成)レンズが搭載されると伝えています。
 
iPhone13シリーズは超広角カメラ用として、7P(7枚構成)レンズを搭載すると噂されていますので、レンズの改良が2年連続で行われるようです。
 

ペリスコープ望遠レンズ

 
ペリスコープ望遠レンズの搭載もiPhone14シリーズで実現、光学式望遠の倍率が大きくなると期待されます。
 
早ければiPhone13シリーズへの搭載もあると予想されたペリスコープ望遠レンズですが、その実現はiPhone14シリーズになる可能性が高いようです。
 
ペリスコープ望遠レンズを搭載するGalaxy S20 Ultraは、最大100倍ズームを実現しています。
 

Face ID関連部品のレンズを変更

 
iPhone14シリーズでは、フロントカメラハウジング内のFace ID関連トランスミッターの素材が、ガラスからプラスチックになるようです。
 
ミンチー・クオ氏は、この変更が2021年に行われると予想していましたが、Gizchinaによれば、2022年にずれ込む可能性があるようです。
 
 
Source:Gizchina
Photo:Tech Limited(@TechLimitedOne)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる