トップページ > 最新情報 > iPhone13 Proシリーズ、ProMotionディスプレイ搭載が確実か
2021年4月9日 18時05分

読了まで 27

iPhone13 Proシリーズ、ProMotionディスプレイ搭載が確実か

iPhone13 Pro TL0409


 
台湾DigiTimesが、iPhone13 Proシリーズ(iPhone12s Proとの噂もあり)には消費電力を低減したリフレッシュレート120Hzの、ProMotionディスプレイが搭載されると報じました。

ProMotionディスプレイ生産用にラインを転換中

DigiTimesが現地時間2021年4月9日の有料配信記事にて、Samsung DisplayLG Displayが、iPhone13 Proシリーズに搭載される低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)有機EL(OLED)ディスプレイパネルの生産に向け、ラインの一部を転換していると伝えました。
 
両社は多結晶低音ポリシリコン(LTPS)OLEDディスプレイパネル生産ラインをLTPO OLEDディスプレイパネル生産用に転換中で、6月末までに完了する見通しです。
 
LTPO OLEDディスプレイパネルはLTPS OLEDディスプレイパネルと比べ、高リフレッシュレートでも消費電力を低く抑えることが可能です。
 
AppleへのLTPO OLEDディスプレイパネルの供給には、Samsung DisplayとLG Displayだけではなく、中国BOEも参入するべくApple向けの専用ラインを用意しているようです。

A15チップにより、デバイス全体の消費電力は低減

高リフレッシュレートのProMotionディスプレイを搭載することで、OLEDディスプレイの消費電力が増加しますが、iPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Maxは15%〜20%の消費電力削減を実現しているとDigiTimesは報告しています。
 
消費電力低減には、電力効率に優れたA15チップが貢献していると、MacRumorsは予想しています。
 
消費電力低減に目処がついたからか、iPhone13 Proシリーズでは常時点灯ディスプレイが実現するとの噂もあります。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
Photo:Tech Limited(@TechLimitedOne)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる