トップページ > 最新情報 > iPhone13シリーズ全モデルがセンサーシフト方式手ブレ補正機構搭載か
2021年1月21日 03時00分

読了まで 144

iPhone13シリーズ全モデルがセンサーシフト方式手ブレ補正機構搭載か


 
iPhone13シリーズ(仮称:2021年モデル)では、全モデルがiPhone12 Pro Maxに搭載済みのセンサーシフト方式手ブレ補正機構を搭載する可能性があるようです。

iPhone12 Pro Maxのみが搭載の機構を全モデルに展開か

2021年1月20日付けの台湾DigiTimesの有料配信記事の表題には、「サプライヤー筋によれば、2021年後半の発売が予定されている新型iPhoneでは、全モデルにセンサーシフト方式手ブレ補正機構が搭載される」と記されています。
 
このことからWccftechは、iPhone13シリーズでは、iPhone12 Pro Maxに搭載されたセンサーシフト方式手ブレ補正機構が全モデルに展開されるのだろうと予想しています。
 
ただし、センサーシフト方式手ブレ補正機構が「広角」のみに実装されるのか、他のカメラにも採用されるのかは不明だと、同メディアは述べています。

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxで異なるレンズの位置

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxでは、「広角」「超広角」「望遠」の各カメラの位置が異なりますが、その理由はiPhone12 Pro Maxに搭載されるセンサーシフト方式手ブレ補正機構のためのスペースを確保するためではないかと伝えられていました。
 
 
Source:DigiTimes via Wccftech
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる