トップページ > iPhone13 > 「iPhone13 mini」をイメージしたレンダリング画像〜斜め配置カメラが特徴
2021年4月15日 07時51分

読了まで 213

「iPhone13 mini」をイメージしたレンダリング画像〜斜め配置カメラが特徴

iPhone13 mini/svetapple.sk


 
2021年秋の発売が見込まれる「iPhone13 mini」の3Dレンダリング画像が公開されました。最近公開されたCAD画像をベースに制作され、斜めに配置されたリアカメラが特徴的です。

カメラを対角線上に配置したレンダリング

インドメディアMySmartPriceが公開したCAD画像をベースにした「iPhone13 mini」の3Dレンダリング画像を、スロバキアメディアのsvetapple.skが制作・公開しました。
 
iPhone13 mini/svetapple.sk
 
最大の特徴は、リアカメラが四角形の枠の対角線上に、斜めに配置されていることです。
 
これまでiPhoneシリーズのデュアルカメラは、iPhone7 PlusやiPhone8 Plusでは横に並び、iPhone XからiPhone12では縦に並んでいましたが、カメラが斜めに配置されるのは初めてのことです。
 
iPhone13 mini/svetapple.sk
 
iPhone13 miniのカメラの配置が斜めになる理由について、svetapple.skはiPhone12 miniとの見た目での差別化に加えて、台湾メディアDigiTimesが1月に報じたように、センサーシフト式の手ぶれ補正機構を搭載するためではないか、と推測しています。
 
iPhone13 mini/svetapple.sk
 
センサーシフト式の手ぶれ補正機構は、iPhone12シリーズではiPhone12 Pro Maxにだけ搭載されています。一見すると同じカメラの配置がiPhone12 Pro MaxとiPhone12 Proで異なっているのも、カメラモジュールのサイズが理由と考えられています。

ノッチの幅が狭く

リーカーのDuanRui氏は、ノッチの幅が狭くなったiPhone13シリーズ用の画面フィルムのサンプルとされる画像を公開しています。
 
iPhone13 mini/svetapple.sk
 
iPhone13シリーズでのノッチの小型化については、著名アナリストのミンチー・クオ氏が3月はじめに予測しているほか、Macお宝鑑定団Blogも先日、iPhone13 Proのものとされるモックアップ(模型)をもとに、ノッチの幅が狭くなっている、と伝えていました。
 
iPhone13 mini/svetapple.sk
 

2021年が最後の「mini」モデルに?

ミンチー・クオ氏は、最新の予測で「mini」モデルは2021年のiPhone13シリーズを最後に廃止される、と述べています。
 
 
Source:svetapple.sk
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる