トップページ > iPhoneの使い方 > 基礎知識 > iPhoneで利用できるAppleのクラウドサービス「iCloud」
2017年3月1日 00時00分

読了まで 436

iPhoneで利用できるAppleのクラウドサービス「iCloud」


iPhoneの説明書 iCloud
 

iCloudは、Appleが提供するクラウドサービスで、iPhoneを持っていれば、簡単な設定をするだけですぐに利用できるのが大きな特徴です。iPhoneを1台だけ持っている人も、iPhoneやiPadなど複数のiOS端末を持っている人にも便利なサービスです。
 
iCloudでは、音楽や写真、連絡先、カレンダーなどのデータを、インターネット上の専用のサーバー(クラウド)に保存できます。カレンダーやメモなどの標準アプリで保存した情報は、iCloudによって自動的にクラウドに保存され、パソコンやiPadなど、iCloudを利用できるほかの端末に同期できます。
 
自動で同期するため特別な操作をしなくてもよく、iCloudを利用できるすべての端末で、同じ情報を即座に確認することができます。
 
またiCloudの機能として、iPhoneが今ある場所を探すことができる「iPhoneを探す」という機能もあります。iPhoneが今ある場所を地図で表示できるほか、iPhoneを拾ってくれた人に対してメッセージを表示することもできます。

 

アカウントはどうやって作成するの?
iCloudの容量や利用料金は?
iCloudの使用容量は追加で増やせる?
標準アプリの情報しか同期できないの?
iCloudを利用できる端末はなにがあるの?
iCloudにiPhoneのバックアップも取れるの?
iCloudの使用状況を確認したい

 
 

アカウントはどうやって作成するの?

A.

iCloudに使用するアカウントは、「Apple ID」です。Apple IDは、アップルが提供するすべてのサービスのアクセスに使うアカウントで、1つあれば複数のiOS端末で共通して使うことができます。
 
音楽や映画を購入・レンタルできるiTunes Storeや、iOS端末向けのアプリを入手できるApp Storeといったストアのほか、Apple Music、iMessage、Facetimeなどのアップルのサービスを利用している場合はすでにApple IDを利用できているため、追加で新しく作成する必要はありません。現在利用しているApple IDを使いましょう。
 

  • Apple製品を使うための「Apple ID」
  • iCloudをiPhoneで利用する
  •  
     

    iCloudの容量や利用料金は?

    A.

    iCloudの利用料金は、クラウドに保存できるデータやバックアップ容量の上限によって変わります。容量が最小の5GBであれば無料で利用できるので、とりあえず一度使ってみよう、と気軽に試せます。
     
    料金体系は、50GBが130円、200GBが400円、1TB(1,000GB)が1,300円(2017年2月28日現在)となっています。音楽や写真などでどれぐらいのデータ容量を使用するかの目安については、「iPhoneの容量」の記事を参考にしてください。
     

  • iPhoneのストレージ容量
  •  
     

    iCloudの使用容量は追加で増やせる?

    A.

    iCloudは無料で5GBまで利用できますが、空き容量が足りなくなった場合、より大きい容量を使えるプランにアップグレードすることができます。
     
    料金体系は、「iCloudの容量や利用料金は?」の項目でご紹介したように、50GBが130円、200GBが400円、1TB(1,000GB)が1,300円(2016年1月28日現在)となっています。
     
    アップグレードする際の支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、iTunes Storeクレジットなどが使用できます。アップグレードできるだけのiTunes Storeクレジットがない場合は、残りの金額が請求される仕組みです。また、Apple Store ギフトカードは、iCloudの容量をアップグレードする際の支払いには利用できないので注意してください。
     

  • iCloudの容量を増やす(追加購入する)
  •  
     

    標準アプリの情報しか同期できないの?

    A.

    いいえ。iCloudに対応したアプリであれば、データをiCloudに保存できます。これらのデータはすべて「iCloud Drive」という、インターネット上の保存領域に保存されます。iPhoneやiPadなどのiOS端末だけでなく、パソコンやWebブラウザからでも、いつでもアクセスできます。
     
    iCloud上に保存した情報は常に最新の情報に同期され、iCloudを利用できるすべての端末でアクセスできます。またパソコンからは、どのようなファイルでもアップロードできます。
     

  • iPhoneのデータをiCloudに同期する
  • iCloudミュージックライブラリを利用する
  •  
     

    iCloudを利用できる端末はなにがあるの?

    A.

    iCloudを利用できるのは、iOS5がインストールされているiPhone、iPod Touch、iPadといったiOS端末と、OS X Lion(10.7.5)以降のMac、Windows7以降を搭載したWindowsパソコンで利用できます。
     
    WindowsパソコンでiCloudを利用する場合は、「iCloud コントロールパネル」というソフトをインストールする必要があります。
     
    >>関連TIPS「iCloudをパソコンで利用する」

     
     

    iPhoneのバックアップをiCloud上に取れるの?

    A.

    iPhoneのバックアップ方法としては、パソコンにインストールした「iTunes」を利用するか、iPhoneでiCloudを利用する方法があります。
     
    バックアップには、Wi-Fiでインターネットに接続していること、電源に接続していること、画面がスリープ状態になっていること、の条件を満たす必要がありますが、これらの条件を満たせば、iPhoneに入っているデータを自動でバックアップすることができます。
     

  • iCloudでiPhoneのバックアップをとる
  • バックアップデータの管理(iCloud)
  •  
     

    iCloudの使用状況を確認したい

    A.

    iCloudの容量をどれだけ使用しているかは、iCloudの設定画面から、利用している容量サイズと空き容量を確認することができます。iOS端末のバックアップデータ、写真と動画、iCloudに保存された書類とデータ、メールのメッセージなど、どのデータでどれだけの容量を使用しているかがわかります。
     

  • iCloudの使用状況を確認する
  •  
     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる