トップページ > 最新情報 > iCloudを使ってiPhoneのバックアップを保存する
2017年3月1日 00時00分

読了まで 530

iCloudを使ってiPhoneのバックアップを保存する

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhoneのバックアップをiCloudでとりたい

A.

iPhoneのデータのバックアップ方法は、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」を使う方法と、パソコンにインストールした音楽管理ソフト「iTunes」を使う方法があります。それぞれでバックアップ方法やバックアップ項目が異なりますので、自分に合った方法を選択しましょう。

 
ポイント:iCloudとiTunesではバックアップ方法が異なる
ポイント:バックアップを暗号化して保存しよう
iCloudでバックアップをとる
iCloudに自動でバックアップをとる
iCloudストレージの容量が足りなくなったときは
 

ポイント:iCloudとiTunesではバックアップ方法が異なる

iPhoneのデータは、iCloudまたはiTunesを使ってバックアップを保存できます。しかしそれぞれバックアップ方法や、バックアップを保存しておく場所が異なります。
 

iTunes iCloud
バックアップ
保存場所
Mac または
Windowsパソコン
Apple運営の
クラウド上
バックアップ
できる
データ容量
Mac/Windowsパソコンのストレージ空き容量で変わる 最大2TB
(最初5GBは無料、以降は追加で購入する)
バックアップ
保存形式
標準では暗号化なし
暗号化する設定も可能
常に暗号化される
バックアップ
手段
Mac/Windowsパソコンと接続できれば、バックアップの作成・使用が可能 Wi-Fiが使えるならば、どこでもバックアップの作成・使用が可能

 
iCloudおよびiTunesでバックアップできるコンテンツやデータ、設定は以下の通りです。
 

iCloud

 
iCloudでは、端末に保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップできます。ただし、パソコンで取り込んだCDの音楽データなどはバックアップ対象外のため、パソコンで直接管理する必要があります。
 
・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
・iOS デバイスの写真とビデオ
・デバイス設定
・Appデータ ※1
・ホーム画面とAppの配置
・iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
・着信音
・Visual Voicemailのパスワード
・ヘルスケアデータ
・HomeKitの構成
・iTunes in the Cloud および App Store のコンテンツ ※2
 
※1…バックアップできるAppデータは、iCloudに対応しているものに限ります。設定>iCloud>書類とデータで表示されていないアプリのデータは保存されないので注意してください。
※2…既に購入済みのコンテンツに関しては、iTunes Store、App Store、iBook Storeで取り扱い継続中であれば、タップして再ダウンロードできます。
 

iTunes

 
iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。
 
・カメラロールの写真と動画
・連絡先
・カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
・ネットワーク設定
・iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF ※3
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ ※4
・App Storeで購入したAppデータ
・Appの設定、環境設定、書類などのデータ
・App内で購入したもの
・ホーム画面とAppの配置   など
 
※3…iTunesで「購入した項目を転送」を使うとバックアップ可能です。
※4…iTunesでバックアップを暗号化すればバックアップ可能です。
 

 

ポイント:バックアップを暗号化して保存しよう

iTunesの場合は標準設定だと暗号化されず、暗号化するよう設定する必要がありますが、iCloudで保存したバックアップは常に暗号化される仕組みです。暗号化することで、通常ではバックアップできないデータもバックアップできるようになります。
 
暗号化することでバックアップできるようになるのは、以下の情報です。
 
・保存したパスワード
・Wi-Fi設定
・Webサイトの履歴
・ヘルスケアデータ
・一部のアプリのデータ(LINEのトーク履歴など)
 

 

iCloudでバックアップをとる

かんたんステップ

5ステップ
約20分~
  • STEP1

    Wi-Fiをオンにする

  • STEP2

    「設定」→「iCloud」

  • STEP3

    「バックアップ」

  • STEP4

    「iCloudバックアップ」をオンにする

  • STEP5

    「今すぐバックアップを作成」

1
iPhoneをWi-Fiに接続する
iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「Wi-Fi」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • Wi-Fiがオン(緑)になっているかを確認します。オフ(白)の場合はタップしてオンにしましょう
  •  

    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • Wi-Fiの接続設定を終えている場合は、コントロールセンターを呼び出して、Wi-Fiをオンにする方法も有効です
  •  

    2
    設定アプリから、iCloudの設定を開く
    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「iCloud」をタップします
  •  

  • 下へスクロールして「バックアップ」をタップします
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

    3
    iCloudバックアップをオンにする
  • 「iCloudバックアップ」をタップしてオン(緑)にします
  • iCloudバックアップをオンにすると、iTunesと同期したときに、iTunesでの自動バックアップは行わないようになります。手動でバックアップすることはできます
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

    4
    iCloudでバックアップをとる
    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • 「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップの作成が開始します
  •  

  • バックアップの作成時間は、保存するデータの容量によって異なります。おおよその残り時間が示されるので、バックアップが終わるまで待ちましょう
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • バックアップが終わると、前回のバックアップの時刻が更新されます
  •  

  • バックアップが終わったか確認するには、iCloudのストレージ管理画面をチェックしましょう
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

  • バックアップデータの管理(iCloud)
  •  

     

    iCloudに自動でバックアップをとる

    iCloudを使ったバックアップはこのように手動でも行えますが、必要な準備ができていれば、毎日自動的にバックアップをとることも可能です。
     
    自動的にバックアップを行うには、以下の条件を満たしている必要があります。
     
    ・「iCloudバックアップ」がオンになっている
    ・iPhoneを電源に接続(充電)している
    ・iPhoneをWi-Fi接続している
    ・iPhoneの画面をロック状態にしている
    ・iCloudのストレージに十分な空き容量がある
     

     

    iCloudストレージの容量が足りなくなったときは

    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • iCloudのバックアップ作成時に、十分な空き領域がないためバックアップできないと表示された場合は、バックアップするデータ項目を変更して空き容量に収まるよう調整するか、ストレージを購入します
  •  

  • バックアップするデータ項目を変更するには、iCloudの設定画面から「容量」をタップし、バックアップする端末をタップします
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

  • バックアップ対象となっているデータは、項目がオン(緑)になっています。バックアップしなくてもいいものなど、対象外とするアプリは、タップしてオフ(白)にしましょう
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

  • バックアップ対象データを変更してもストレージが足りない、あるいは全部をバックアップしたい場合は、追加のストレージを購入しましょう。iCloudの設定画面から「容量」をタップし、「ストレージプランを変更」をタップします
  • iPhoneの説明書 iCloud バックアップ iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

     

    iPhoneの説明書 iCloud バックアップ

  • アップグレードできる追加ストレージは、50GB、200GB、1TB、2TBです。それぞれアップグレード契約すると、毎月Apple IDの残高から精算されます
  • iCloudの容量を増やす(追加購入する)
  •  

     

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる