13日配信!iPhoneをiOS16にアップデートする前に知っておきたいことまとめ - iPhone Mania
トップページ > iOS > 13日配信!iPhoneをiOS16にアップデートする前に知っておきたいことまとめ
2022年9月12日 23時00分

読了まで 52

13日配信!iPhoneをiOS16にアップデートする前に知っておきたいことまとめ

iOS16 アップデート インストール 進まない 対処法 できない


 
日本時間9月13日にiOS16が正式リリースされます。iOS16にアップデートする前に準備すべきこと、アップデート時の注意点をまとめました。
 

▼iOS16に対応しているiPhone一覧
▼iOS16にアップデートする前にすること
 ├ ストレージ空き容量を確認・確保する
 ├ バッテリー残量を50%以上にする
 └ データをバックアップする
▼iOS16にアップデートする方法
 ├ 夜間に自動でアップデートさせる設定
 └ 自動でアップデートさせない方法
▼iOS16のアップデートがうまくいかないときは?
▼iOS16で何が変わるの?新機能・変更点
 

iOS16に対応しているiPhone一覧

iOS16にアップデートできるのは、iPhone8/8 Plus、iPhone SE(第2世代)以降です。利用しているiPhoneがこれら以前の場合は、ソフトウェア・アップデートでiOS16を受信できません。
 
2022年9月16日発売のiPhone14シリーズ(iPhone14 Plusは10月7日)では、あらかじめiOS16がインストールされた状態で販売されます。
 
iOS16 対応 iPhone
 

iOS16にアップデートする前にすること

ストレージ空き容量を確認・確保する

iOS16のアップデートファイルをダウンロード、インストールするために、iPhoneのストレージに数GB単位の空き容量が必要になります。アップデートファイルをダウンロードする際に必要な空き容量が不足していると、再インストール可能なアプリを一時的に削除してもよいか確認するメッセージが表示されます(ここで削除したアプリはアップデート後に再インストール可能です)。
 
iPhoneのストレージ容量を確認し、あらかじめ空き容量を確保しておくことで、スムーズにiOS16にアップデートできます。
 
iPhone ストレージ 「その他」
 
昨年秋のiOS15メジャーアップデート時は、3.11GBの容量が必要でした。余裕を持たせて5GB程度空き容量があれば安心です。
 

  • 【iOS13~】iPhoneの空き容量を今すぐ確保する15の方法
  • 【Tips】iPhoneのストレージ空き容量など端末情報を確認する方法
  •  

    バッテリー残量を50%以上にする

    iOSのアップデートは、iPhoneのバッテリー残量が50%以上、またはiPhoneを充電中でないと開始できません。充分なバッテリー残量がある状態でアップデートしましょう。
     
    またアップデートには時間がかかるため、途中で充電ケーブルの接続が切れた、という事態を防ぐため、接続が安定している充電ケーブルを使用しましょう。
     

    データをバックアップする

    ワイヤレスアップデートの場合、iOSのアップデートに失敗する場合があります。原因はiPhoneのストレージ容量不足、アップデートサーバーの混雑などが考えられます。
     
    Wi-Fi環境が安定していないと、アップデートファイルのダウンロードに時間がかかったり、アップデートサーバーにつながりにくかったり、アップデートが終わらない、データが消失した、という事態になるかもしれません。
     
    アップデートに失敗したときなどに前のデータに戻すには、アップデートを開始する前にあらかじめデータのバックアップをとることが重要です。バックアップ手段はパソコンで操作するiTunesでのバックアップと、iPhoneでも操作できるiCloudバックアップがあります。
     

  • 【Tips】iPhoneのバックアップをiCloudやMacでとる方法
  •  
    iCloudでは、無料で利用できるストレージ容量は5GBで、有料プランを契約することで容量を増やすことができます。iPhoneで写真や動画をよく利用する方は、写真・動画などのデータを5GB以内に収めるのは難しいため、有料プランを購入することも検討しましょう。
     

  • 【Tips】iPhone上でiCloudの容量利用状況を確認する方法
  • iPhone上でiCloudストレージの容量を変更する方法
  •  
    なお、iPhone14を購入したユーザー向けに、iCloudストレージを一時的に増やす機能が提供されています。iCloudバックアップ時にストレージ容量が十分でない場合は、「無料で追加のiCloudストレージを利用できる」というメッセージが表示されます。
     

  • iPhone14の新規購入でiCloudストレージが一時的に増量〜バックアップを促進
  • iOS16にアップデートする方法

    まず、新しいiOSメジャーアップデートリリース時には、いくつかのバグが含まれている可能性があります。iOS16へのアップデートを急がない場合は、バグ修正版のリリースを待ってからアップデートするのも選択肢のひとつです。
     
    iOSをアップデートするには、パソコン操作が必要なiTunesでのアップデート、またはiPhone上で完結するアップデートから選択できます。
     

  • 【Tips】コンピュータを使ってiPhoneのiOSを最新の状態にアップデートする方法
  • 【Tips】iPhoneのiOSを最新の状態にアップデートする方法
  •  

    夜間に自動でアップデートさせる方法

    iOSアップデートは、アップデートファイルのダウンロード時は通常通りiPhoneを操作できますが、インストール時はしばらくiPhoneを使用できなくなります。そのため日中の活動時にiOSアップデートが始まると不便になります。
     
    アップデートがリリースされたタイミングで通知される確認画面でそのままインストールしたり、自動でアップデートする設定項目もありますが、任意のタイミングで手動アップデートしたり、寝ている間にアップデートファイルのダウンロード、インストールをする設定もできます。
     

  • 【Tips】iOSアップデート時に「ダウンロードして夜間にインストール」する方法
  •  

    自動アップデートをオフにする方法

    iOS12以降ではiOSの自動アップデート機能が追加され、iOSの新しいバージョンが配信された際に自動でアップデートを完了してくれるようになりました。アップデートを手動で行いたい場合は、あらかじめ設定アプリから自動アップデート機能をオフにします。
     

  • 【Tips】iOSを自動でアップデートしないようにする方法
  •  

    iOS16のアップデートがうまくいかないときは?

    iOS アップデート エラー
     
    iOSアップデートファイルのダウンロードに異様に時間がかかる、アップデートを確認できない、検証できないと表示される、アップデートの進行状況バーが動かないなど、iOSのメジャーアップデート時は特にアップデートがうまくいかない、失敗することが少なくありません。困ったときはこちらの記事を参考にしましょう。
     

  • 【iOS】アップデートに失敗する・うまくいかない時の対処方法
  • iOS16で何が変わるの?新機能・変更点

    iOS16では、ロック画面のカスタマイズが豊富になったほか、メール・メッセージの送信後の取り消し機能、音声入力の改良、画像から被写体を切り取る機能、マップアプリやファミリー共有の機能拡充など、多くの新機能や変更点があります。
     

  • 【速報】iOS16発表!ロック画面の使い分け、Apple Pay後払いなど追加
  • iOS16/iPadOS16では検索機能が刷新〜新機能を一挙紹介!
  •  

    ただし、発表済みのiOS16新機能・変更点のうち、iOS16正式版リリース時に利用できない機能もあります。
     

  • iOS16正式版リリース時に利用できない機能まとめ
  •  
    iPhone Maniaでは、iOS16に関する新機能や変更点などを詳しく解説した記事を、9月13日のiOS16正式リリース後随時配信いたします。iOS15以前のバージョンでも、新機能や使い方の記事を掲載していますので、そちらもあわせてご覧ください!
     

  • 徹底解説!iPhoneの使い方 トップページ
  • 徹底解説!iPhoneの使い方 iOS16新機能・変更点 記事一覧
  •  
     
    Source:Apple
    (asm)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる