iPhone14の新規購入でiCloudストレージが一時的に増量〜バックアップを促進 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > iPhone14の新規購入でiCloudストレージが一時的に増量〜バックアップを促進
2022年9月10日 02時03分

読了まで 27

iPhone14の新規購入でiCloudストレージが一時的に増量〜バックアップを促進

iphone バックアップ


 
昨年のiOS15のリリースに伴い、Appleは新しいiPhoneやiPadを購入する人向けに、iCloudストレージの一時ブーストという新しい特典を追加しました。この特典は今年も利用可能であるとのことで、乗り換えの際のバックアップに重宝するとみられています。

ストレージが十分でない場合、特別なメッセージが表示

iCloudiPhoneをバックアップするには、以下の手順に従います。
 

  1. 「設定」>「一般」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして、「転送または [デバイス名] をリセット」をタップします。
  3. 「新しい [デバイス名] の準備」の下の「開始」をタップします。
  4. 「iCloudバックアップがオフになっています」と表示される場合は、「バックアップをオンにして転送」をタップします。
  5. iCloudストレージが容量不足の場合は、無料で追加のiCloudストレージを利用できるというメッセージが表示されます。「続ける」をタップします。
  6. このメッセージが表示されない場合は、iCloudストレージに余力があるので iPhoneやiPadをiCloud にバックアップできます。

  7. バックアップが終わるまで待ちます。

バックアップの復元の猶予期間は21日間

Appleによれば、一時的なiCloudストレージの有効期限が切れ、バックアップが永久に削除される前に、新しいiPhoneまたはiPadに一時的なバックアップを復元するため21日間の猶予期間が与えられるとのことです。
 
iPhone14が21日以内に到着しない場合、「一時的なバックアップを復元するための期間がさらに21日間延長され、その後バックアップは削除される」と記されています。
 
一時的なバックアップを新しいデバイスに復元した後、一時的なバックアップは永久に削除されるまで7日間利用できます。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:新しいiPhoneやiPadの購入時にiCloudストレージを一時利用する/Apple
(lexi)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる