トップページ > iOS > 【Tips】iOSを自動でアップデートしないようにする方法
2020年9月17日 03時05分

読了まで 24

【Tips】iOSを自動でアップデートしないようにする方法

iOS 自動アップデート オフ
 
iOS12より「自動アップデート機能」が追加されました。同機能は、iOSの新しいバージョンが配信された際に自動でアップデートする機能ですが、メジャーアップデートのリリース当日は、まだ多くのアプリが新バージョンのiOSに対応していないため、アプリが起動しない可能性や不具合が生じる場合があります。
 
iOSを手動でアップデートしたい人は設定を確認し、自動アップデートをオフにしましょう。
 
最終更新:2020年9月17日 3:00
 

自動アップデートをオフにする方法

iOSの自動アップデートは、「Wi-Fi環境でアップデートファイルが自動でダウンロードされている」「充電器に接続されている」「夜間」という条件が重なった場合に行われます。
 
この自動アップデートをオフにし、アップデートを手動のみにするためには、以下の方法で自動アップデートをオフにする必要があります。

 

1
「設定」を開いて「一般」をタップ
iOS 自動アップデート オフ

 

2
「ソフトウェア・アップデート」をタップ
iOS 自動アップデート オフ

 

3
「自動アップデートをカスタマイズ」をタップ
iOS 自動アップデート オフ

 

4
「iOSアップデートをインストール」をオフ
iOS 自動アップデート オフ

  • スイッチの色が緑から灰色になっているのが「オフ」の状態です
  •  
    以上で、iOSのソフトウェアアップデートが自動で行われるのを防ぐことができます。
     
    iOSアップデートは、重大なバグの修正なども含まれているため、基本的には実行することをおすすめしますが、使っているアプリの対応状況などを確認したい場合など、手動アップデートのほうが望ましい場合は、一度設定を確認しておくことをオススメします。

     
     
     

     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる