トップページ > iPhoneの使い方 > データの管理 > 【Tips】iPhoneのバックアップをiCloudやMacでとる方法
2021年9月8日 10時00分

読了まで 256

【Tips】iPhoneのバックアップをiCloudやMacでとる方法

機種変更を考えていて、iPhoneのバックアップの取り方がわからず知りたい

A.

iPhoneのバックアップの方法は大きく分けて2つあり、1つはパソコンやケーブルがなくてもWi-Fi環境さえあればバックアップが可能な、iCloudのサービスを利用したバックアップ。2つ目はパソコンとiPhoneを使用して、MacやWindowsのバソコンの容量の中にデータを保存してバックアップを取る方法です。
 
バックアップさえあれば、万一iPhoneを紛失したり、iPhoneが故障した場合でも、データの復元が可能です。2つの方法の違いや詳細をご紹介します

iCloudとFinder(iTunes)のバックアップ方法の違い

  • iCloudの場合
  • バックアップ容量は無料で5GBが使用でき、課金してアップグレードした場合2TBまで利用可能で、クラウドサーバーに保管されます。バックアップは、iPhoneが電源とWi-Fiに接続され、かつロックされた状態のときは自動的に行われます。Wi-Fi接続時に手動で行うこともできます。

     

  • Finder(iTunes)の場合
  • バックアップの容量はパソコンの空き容量によって決まります。バックアップは暗号化でき(デフォルトでは暗号化なし)MacかWindowsパソコンでバックアップの作成が可能です。Finderを使用して作成する場合はmacOS 10.15以降が必要です。前のバージョンのmacOSおよびWindowsパソコンでは、iTunesを使用してiPhoneのバックアップを作成します。

    iCloudのバックアップ方法

    1
    設定アプリを開きます
    Tips ストレージ

  • ホーム画面から設定アプリを開き、上部の名前の画面を選択します
  •  

    2
    iCloudを選択します
    Tips ストレージ

  • iCloudを選択します。この画面からApple IDのパスワードの変更なども可能です
  •  

    3
    iCloudバックアップを選択します
    Tips ストレージ

  • ここがオフになっていると、iCloudでバックアップができません
  •  

    4
    「今すぐバックアップを作成」を選択
    Tips ストレージ

  • Wi-Fiに繋がった状態で、バックアップを作成し少し時間を置くと、最後に作成されたバックアップの日付と時間が表示されます
  •  

  • 一度もバックアップを作成したことがない、または長い間作成していない場合はかなり時間がかかります
  •  

    Macでバックアップを取る方法

    1
    Finderアプリを開きます
    Tips バックアップ

  • Finderアプリを開き、ケーブルでiPhoneとMacを繋げます
  •  

    2
    接続を確認します
    Tips バックアップ
     

  • サイドバーの場所にiPhoneのアイコンと名前が出てきます
  •  

  • iPhoneを初めてMacと接続した場合、「このコンピュータを信頼しますか」と表示されるので「信頼」をタップします
  •  

    3
    ローカルのバックアップの暗号化を選択します
    Tips バックアップ
     

  • 暗号化を選択することで、Wi-Fiの設定やパスワードなど広い範囲でのバックアップが可能です
  •  

    4
    パスワードを設定します
    Tips バックアップ
     

  • バックアップを保護するためのパスワードを入力し「パスワードを設定」を選択します
  •  

    5
    バックアップを作成します
    Tips バックアップ
     

  • バックアップが完了すると、このMacへの前回のバックアップの日付と時間が表示されます
  •  
     
    (Mie)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる