トップページ > iOS > WWDC目前!iOS14の新機能とは?これまでのリーク情報をまとめてみた
2020年6月15日 04時34分

読了まで 420

WWDC目前!iOS14の新機能とは?これまでのリーク情報をまとめてみた

ios14-fake-logo


 
世界開発者会議(WWDC 2020)の開幕日、6月22日が近づいてきました。今年はiOS14の初期ビルドが流出したため、新機能の一部については解析が進んでいます。
 
米メディア9to5Macがまとめた情報をベースに、iOS14で追加されると期待される新機能をまとめてみました。

新しいホーム画面

iOS14ではホーム画面に新しいページが追加され、アイコンのリスト表示が可能になるといわれています。リスト表示のページでは、通知をチェックしていないアプリだけを表示するなどのフィルター機能が使えるほか、時間や場所によって使いそうなアプリをSiriにオススメしてもらうことも可能です。たとえばスポーツジムに到着したら「ミュージック」アプリが表示される、といった具合です。

 
Appleはまた、ホーム画面のウィジェットを開発中との情報もあります。新ウィジェットはアプリアイコンと同様に、移動が可能とのことです。ただし同機能は開発の初期段階にあるため、正式版には含まれない可能性もある、と9to5Macは記しています。

壁紙

iOS14では、壁紙の設定画面が変わり、これまでのような一括表示ではなく、「クラシックストライプ」「地球と月」「花」などのように、カテゴリごとに分類されると見られています。
 
ソースコードには、サードパーティーアプリ向けに新しい「Wallpaper API」が公開され、開発者は自作の壁紙を設定画面に追加可能になることを示唆する記述が見つかっています。またユーザーはオプションで、ホーム画面限定でスマートダイナミック壁紙が設定可能になるようです。
 
さらにiOS14では、初めてCarPlay用のカスタム壁紙を示唆する記述が発見されています。
 
ios14wallpaper

アクセシビリティ

iOS14ではアクセシビリティ機能がさらに進化し、火災警報、サイレン、ドアをノックする音、呼び鈴、赤ちゃんの鳴き声といった重要な音を検出し、聴覚障害者が感知できるよう、振動へと変換する機能が追加される見通しです。
 
その他にも手の動き(ジェスチャー)をカメラで検出する機能や、聴力がやや不自由なユーザー向けに、AirPodsやEarPodsの音量を自動調節する機能が追加されるようです。

没入型AR

Appleは拡張現実(AR)アプリ「Gobi」を開発中とされ、またApple Storeやスターバックスの店舗で、iPhoneやiPadのカメラを利用して、商品の詳細情報を見られる新たなARシステムの実験も行っているようです。
 
iOS14 流出画像

CarKey

CarKey APIはiOS13.4ですでにその存在が確認されていますが、当初から実装されるのはiOS14だろうと予想されてきました。CarKeyはiPhoneやApple Watchを車の鍵として使えるようにする機能です。
 
ソースコードによれば、CarKeyはメッセージアプリで第3者に送信して共有できるほか、Walletアプリにも保存できるようです。

マップ

iOS14では、マップから直接、各Apple StoreのGenies Barの空き状況が確認可能となります。またどの店舗に持ち込めば、画面修理やバッテリー交換をその日のうちに済ませてもらえるかといった情報も提示されるとのことです。さらに新しい製品を購入する際の下取り情報も、マップ上に表示されるようです。

iCloudキーチェーン

iOS14のiCloudキーチェーンでは、ユーザーが同じパスワードを使いまわそうとすると警告が表示されるようになります。また2ファクタ認証パスワードを保存するための新しい方法を示す記述が、iOS14初期ビルドのコードに含まれていたようです。

Clips API

iOS14初期ビルドのコードで「Clips」と記載されている新しいAPIにより、インストールしていないアプリのQRコードを読み取ると、単にWebページが開かれるのではなく、アプリの機能の一部が使用可能になるようです。

 
Appleは社内において、OpenTable、Yelp、DoorDash、ソニー、YouTubeなどのアプリで、Clips APIを試しているとのことです。

Safariの翻訳機能

iOS14ではSafariに翻訳機能が実装され、サードパーティーのアプリやサービスなどを使わなくても、Webページが翻訳可能となる見通しです。またこの翻訳機能はSafariだけでなく、App Storeなどほかのアプリでも実験されているようです。

「探す」アプリの通知機能

iOS13で「iPhoneを探す」と「友達を探す」が一体化し、「探す」として生まれ変わりました。iOS14ではこの「探す」アプリに位置情報の共有の通知が加えられ、特定の人物が指定された場所にスケジュール通り現れなかった場合、通知を受け取ることができるようになる見通しです。https://iphone-mania.jp/news-280275/
 
またiOS14では「探す」アプリにAR技術が統合され、友人や紛失したAppleデバイスを、ARを使って探せるようになります。

OSリカバリー

CarKey同様、iOS13.4ベータでその存在が確認されながら、まだ実装されていないもうひとつの機能に「OS Recovery」があります。これはiOSをワイヤレスで復元できる機能で、iOS14での実装が期待されています。
 
Apple「OS Recovery」 iOS13.4 ベータ3 9to5Mac

サードパーティー製のアプリやブラウザをデフォルトとして設定可能に

iOS14では、Apple純正以外の他社のブラウザ、メールアプリ、音楽アプリなどを、デフォルトとして設定可能になるとの情報があります。

新しいHomeKit機能

iOS14では、HomeKitに接続された照明の色や明るさを、時間帯によって調整可能な機能が追加される見通しです。またHomeKit接続のセキュリティカメラに顔認識の機能が導入され、不審者を検出可能になると見られています。

Apple Pencil

またiPadOS14では、Apple Pencilで手書きした文字が自動でテキスト認識されるようになるほか、Webサイトでも文字入力などが行えるようになる見通しです。

 
なおiOS14はiOS13が動作可能なすべてのiPhoneおよびiPod touchをサポートすると考えられています。
 
一方iPadOS14については、iPad mini 4(2015年9月発売)とiPad Air 2(2014年10月発売)を除く、iPadOS13対応のすべてのiPadをサポートする見通しです。

 
 
Source:9to5Mac,MacRumors

Photo:MacWorld,Josh Constine
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる