トップページ > iOS > iOS14、アプリをインストールしなくても使える「Clips」機能を導入か
2020年4月10日 07時44分

読了まで 212

iOS14、アプリをインストールしなくても使える「Clips」機能を導入か

app store


 
Appleは、サードパーティーのアプリをインストールしなくても、その機能の一部が利用できる機能の開発に取り組んでいるようです。米メディア9to5Macが、iOS14の初期ビルドで同機能を発見したと報じています。

QRコード読み取りでアプリの一部機能が利用可能に

iPhoneまたはiPadにインストールしていないアプリのリンクをクリック、もしくはQRコードを読み取ると、そのアプリのWebページがSafariで開かれます。アプリがすでにインストールされている場合は、Safariではなくそのアプリが開きます。
 
iOS14のコードにおいて「Clips」と記載されている新しいAPIにより、インストールしていないアプリのQRコードを読み取ると、単にWebページが開かれるのではなく、アプリの機能の一部が使用可能になるようだと、9to5Macは伝えています。
 
たとえば、YouTubeアプリをダウンロードしていないiPhoneで、YouTube動画へのリンクを含むQRコードを読みとったとします。iOS14のClips APIでは、画面上に『浮き上がるカード』が表示され、そのカードで動画の再生、停止、巻き戻し、早送りなどができます。

Androidの「スライス」と似た機能か

Androidにはこれによく似た「スライス」という機能がすでに存在しています。スライスとは、Google検索アプリ内や、その後でGoogleアシスタントなど他の場所に、アプリの動的なインタラクティブコンテンツを表示するためのUIテンプレートです。スライスにより、全画面表示しなくてもアプリを操作することができます。
 
9to5Macは、Clips APIもSpotlightと統合されて同様に機能するのではないかと推測していますが、iOS14のコードにおいては、ClipsはQRコードで読み取ることで機能する、との記述しか見当たらなかったとのことです。
 
同メディアの分析によると、Appleはレストランの予約アプリOpenTable、飲食店の口コミアプリYelp、フードデリバリーアプリDoordash、ソニーのPS4 Second Screenアプリ、YouTubeで、Clips APIの実験を行っており、早ければ6月にオンラインで開催されるWWDC 2020で発表されるかも知れません。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iOS, iPhone, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる