トップページ > iOS > 「iOS14」ではアプリのリスト表示に対応?流出したソースコードから判明
2020年3月11日 08時07分

読了まで 149

「iOS14」ではアプリのリスト表示に対応?流出したソースコードから判明

Apple Watch リスト表示
 
iOS14」のホーム画面ではアプリのリスト表示が可能になる、と流出した「iOS14」のソースコードを解析した米メディア9to5Macが報じています。

アプリをリスト表示、各種条件で並べ替えも

iPhoneのホーム画面は、アプリのアイコンが規則的に並ぶレイアウトが初代から維持されており、アプリを探すにはアイコンを目印にするか、検索機能を使う必要があります。
 
9to5Macは、「iOS14」ではインストールされているアプリを、Apple Watchと同様にリスト表示でき、各種フィルタを使ってユーザーが自由にアプリを並べ替えられるようになるとも伝えています。
 
フィルタには、例えば「未読通知の数」「最近使ったアプリ」などの種類があるとのことです。

ユーザーの行動に基づいてSiriがアプリを提案

アプリのフィルタ機能には、時間帯や場所などをもとに、ユーザーが使いたいアプリをSiriが提案する機能も盛り込まれる模様です。
 
たとえば、ユーザーがスポーツジムに到着したら「ミュージック」アプリ、のように、ユーザーの使用パターンに基づいた提案がなされます。

ジェスチャ操作でアプリ切り替え可能に?

9to5Macはすでに、iOS14のソースコードから、iPhoneやiPadがトラックパッドやマウスによるジェスチャ操作に対応し、多くのマウスカーソルが利用可能になると報じています。
 
同メディアは、ジェスチャ操作はアプリの切り替え動作にも使用可能になる、と伝えています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる