開幕目前!WWDCで発表される各OSの内容とは?

    Apple-WWDC-2019-03142019_big.jpg.medium

    Apple-WWDC-2019-03142019_big.jpg.medium
     
    Appleの世界開発者会議(WWDC 19)の開幕が目前に迫ってきました。米メディアMacRumorsが、これまでの報道や噂をもとに、WWDCで発表される次期OSやその他製品についてまとめていますのでご紹介します。

    iOS13

    iOS13はメジャーアップデートとなり、ユーザーからの要望が多い機能が複数盛り込まれる見通しです。またiOS12同様、iOS13は古いiPhoneの処理速度を改善すると見られており、さらにAppleが2018年に発表した計画にのっとり、品質向上に焦点を当てています。
     
    以下導入が見込まれる新機能を列挙します。
     

    ダークモード

    ios13darkmode
     
    iOS13ではmacOS Mohaveと同様のダークモードが導入され、ユーザーはダークモードと現在の標準モードとで切り替えが可能となります。
     
    流出したスクリーンショットによれば、iOSのダークモードは設定アプリまたはコントロールセンターで設定できるようです。
     

    音量調整HUD


     
    音量を上げ下げするときに、画面中央に表示される音量調整HUD(ボリュームメーターバー)が邪魔だと感じる人は少なくないでしょう。iOS13ではこの表示がより小さく、画面を邪魔しないようになる見込みです。
     

    新おやすみモード

    iOS13では「おやすみモード」が刷新され、コントロールセンターで詳細が設定可能になるという噂や、時計アプリからも設定可能になるとの情報があります。
     

    iPadの機能向上

    iOS13では、iPadに特化した機能が複数追加される見通しです。ホーム画面のレイアウトも変更されると見られています。
     
    iPadのマルチタスク機能が向上し、アプリ内で複数のウィンドウを表示させ、カードのように重ねて並び替えることが可能になるとのことです。カードのようにというのは、iPhoneのAppスイッチャーのイメージでしょうか。
     
    その他にもテキストの入力を取り消すための新ジェスチャーを含む、新しいジェスチャーが複数追加されるとの情報があります。
     

    「Find My」アプリ

    Find Myアプリアイコンのイメージ


     
    「iPhoneを探す」アプリと「友達を探す」アプリが統合され、「Find My」アプリになると報じられています。この新しいFind Myアプリは、Wi-Fiやセルラーネットワークが使えない時でも、近くにあるiOSデバイスを利用してAppleデバイスの場所を追跡できるようです。
     

    メッセージ

    メッセージでは、ユーザーが自分のプロフィール写真や表示する名前を追加し、それらの情報を見せる相手を選択可能になる見通しです。アニ文字とミー文字ステッカー専用のメニューも追加されるとのことです。
     
    このほか、メール、リマインダー、ブック、ヘルスアプリも改良される見通しです。

    macOS 10.15

    macOS 10.15もメジャーアップデートとなる見込みで、名称としては「Mammoth(マンモス)」が有力視されています。
     

    「Marzipan」プロジェクト

    今回もっとも注目されていることのひとつが、iOSとmacOS上で同一アプリを動作可能にするプロジェクト「Marzipan」です。Appleはまず、iPadのアプリをmacOS 10.15で動作できるようにする開発者キットを提供する見通しです。

     

    Macの新アプリ


     
    Marzipanプロジェクトの一環として、これまでiOSにしかなかったアプリが導入され、既存のアプリもアップデートされます(「TV」「ミュージック」「Podcast」「ブック」)。またiTunesアプリはこれらアプリに置き換えられるようです。ただしMacのTVアプリについては、利用できるのは今年秋になるとAppleが発表しています。
     
    またiOS13での「iPhoneを探す」アプリと「友達を探す」アプリの統合による「Find My」アプリ登場に伴い、macOSにも同様のアプリが導入される見込みです。
     
    そのほか、iPadが外部ディスプレイとして利用可能になるとの報道や、Apple Watchを使ったMacでのユーザー認証機能の利用範囲が拡大するとの情報もあります。

    watchOS 6

    watchOS 6では、Apple Watch独自のApp Storeが導入される見込みです。またヘルスアプリが一新され、処方箋の服用を促すアプリや、月経周期を追跡するアプリが追加されるとも伝えられています。
     
    さらに「計算機」「ボイスメモ」「ブック」アプリも追加される見通しです。

    tvOS 13

    tvOS 13については、あまり情報がありません。

    その他WWDCで発表される可能性のある製品

    Appleは2019年発売を目指し、モジュラー式のハイエンドMac Proの開発を進めており、WWDCでは製品の発表はなくても、一部仕様について明らかにされる可能性があります。
     
    その他、新しいiPhoneケースやApple Watchのバンドが発表されるかも知れません。

     
     
    Source:MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次