トップページ > iOS > 「iOS13」のスクリーンショットが流出!ダークモードや新アプリの存在が明らかに
2019年5月29日 00時40分

読了まで 240

「iOS13」のスクリーンショットが流出!ダークモードや新アプリの存在が明らかに

iOS13 スクリーンショット 9to5Mac
 
iOS13のスクリーンショットを、米メディア9to5Macが公開しています。以前から噂のあった「ダークモード」を始め、デザインが刷新される「リマインダー」、「iPhoneを探す」と「友達を探す」を統合した新アプリについて報じられています。

開発状況に詳しい人物から入手した画像

現地時間6月3日(日本時間では6月4日午前2時)から開催される世界開発者会議(WWDC 19)での発表が見込まれるiOS13のスクリーンショットを、9to5Macが公開しています。
 
同メディアの記者で、開発者でもあるギルヘルム・ランボー氏が、開発状況に詳しい人物から入手したもの、とのことです。同氏は、4月にもiOS13の開発状況に詳しい人物からの情報として、iOS13の新機能などをまとめて紹介しています。

iOS13ではダークモード用の壁紙も提供か

画面を黒っぽい色調に統一する「ダークモード」は、設定アプリまたはコントロールセンターからオンにできる、と9to5Macは報じています。
 
ダークモードに設定すると、ホーム画面では画面下のDock部分の背景がやや黒っぽくなるのが確認できます。
 
9to5Macは、iOS13ではダークモードに合わせた壁紙が提供されるだろう、と予測しています。
 
iOS13 スクリーンショット 9to5Mac
 
「ミュージック」アプリの背景色は黒一色に統一されています。iPhone X以降に採用されている有機EL(OLED)ディスプレイでは黒の表示に電力を消費しないので、消費電力を抑える効果も期待できそうです。
 
スクリーンショット撮影後の編集画面では、背景が従来のライトグレーから、背後の画面が透けて見えるデザインになっています。
 
9to5Macによると、iPadでも編集画面のデザインは同様のものが採用されているそうです。iPadの場合は、画面下にペンなどのツールが納まるトレイが配置され、ドラッグ操作でトレイを好きな場所に移動することができるとのことです。

iPad用リマインダーアプリはサイドバーで画面を分割

「リマインダー」アプリは、iOS13とmacOS 10.15の両方で、デザインが刷新されます。
 
iOS13 スクリーンショット 9to5Mac
 
iPadでは、画面を分割するサイドバーが表示され、中央に「今日」「予定」「フラグ付き」「すべて」といった分類ボックスや検索窓が追加されています。

家族やデバイスを探せる新アプリ「Find My」

iOS13では、「iPhoneを探す」「友達を探す」を統合したアプリが導入される、と報じられていたとおり、現時点で「Find My」と呼ばれる新しいアプリの存在も確認されており、アイコンの画像が公開されています。
 
iOS13 スクリーンショット 9to5Mac
 
「Find My」アプリでは、地図がフルスクリーン表示され、画面隅の小さなウインドウに、ユーザーの家族や友人の名前が表示されるタブと、ユーザーが所有するiPhoneなどのデバイスが表示されるタブが配置される、とのことです。
 
ダークモードがオンの状態だと、「Find My」アプリの地図は、macOSでダークモードをオンにした時のマップと同じような表示になるそうです。
 
先日は、「tile」のような忘れ物防止タグも開発されている、とも伝えられています。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる