トップページ > 最新情報 > 2018年のiPhoneのコンセプトデザイン!大型版iPhone XとSEの後継機種

読了まで 236

2018年のiPhoneのコンセプトデザイン!大型版iPhone XとSEの後継機種

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

2018 iPhone コンセプトCurved

 
2018年にAppleが発売すると予測されている、iPhone Xの大型版と言える6.5インチモデルと、iPhone SEの後継機種となるモデル、そしてiPhone Xの3モデルを比較したコンセプトデザインを、ドイツメディアCURVEDが公開しました。

2018年発売のiPhone、3モデルのコンセプトデザイン

Apple関連情報の正確さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が先日、2018年には6.5インチと5.8インチの有機EL(OLED)モデルと、6.1インチの液晶モデル、合計3モデルのiPhoneが発売される、との予測を発表しています。
 
また、4インチのiPhone SEの後継モデル「iPhone SE2」が、インドで組み立てられて発売される、とも報じられています。
 
iPhone XS、iPhone X、iPhone XL
 
今回、CURVEDが公開したコンセプトデザインは、これらの情報をもとに作成されたもので、6.5インチの「iPhone XL」、5.8インチのiPhone X、そして4インチの「iPhone XS」の3モデルを描いています。

大型化したiPhone XLと、iPhone SEの後継機種iPhone XS

iPhone Xの大型版であるiPhone XLは、ベゼルのないフルスクリーンデザインの効果もあり、画面の大きさに存在感があります。
 
2018 iPhone コンセプトCurved
 
iPhone XSも、CURVEDが先日公開して大きな反響があったというコンセプトデザインのように、フルスクリーンデザインとなっているうえ、背面カメラにはiPhone8 Plusと同様、横配置のデュアルカメラが搭載されています。
 
2018 iPhone コンセプトCurved
 
iPhone XSの側面は、現行のiPhone SEと同デザインのサイレントスイッチやボリュームボタンが採用されています。
 
2018 iPhone コンセプトCurved
 
「iPhone XS」「iPhone X」「iPhone XL」のコンセプト動画はこちらでご覧ください。
 

数多くのコンセプトデザインを公開しているCURVED

CURVEDは、iPhone Xと同様、画面上部にノッチがあるフルスクリーンにしたiPadやMacBook、iMacのコンセプトデザインのほか、背面のガラス製パネルが透明のiPhone X(当時の噂ではiPhone8)や、モジュール式でアップグレードが容易なMac Proなどのコンセプトデザインを公開しています。
 
ちなみに、背面のガラスパネルが透明なiPhone Xは、YouTubeチャンネルEverythingAppleProが実際に制作し、公開されています。

 
 
Source:CURVED(Google翻訳)
(hato)

 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる