トップページ > iPhone7 > iPhone7の防水性能はどれぐらい?濡れたときの対処法は?

読了まで 416

iPhone7の防水性能はどれぐらい?濡れたときの対処法は?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone7 iPhone7 Plus
 
このほど発売されたiPhone7/7 Plusは、iPhoneシリーズ初の防水(耐水)性能を備えているのですが、完全防水ではなく、また水濡れによる故障は保証の対象外となっています。
 
耐水性能があるとはいえ、水に濡れるあらゆるシーンで使えるわけではありません。ではどれぐらい濡れても大丈夫なのか?もし濡れてしまったときはどんな対処が必要になるのか?をまとめてみました。

iPhone7/7 Plusの耐水・防塵性能はどれぐらい?

iPhone7/7 Plusは、「IP67」等級の耐水性能と防塵性を備えていますが、普段通り使っているだけでも次第に性能が低下する場合があります。耐水性能があるとはいえ、液体による損傷は保証対象外の基準となるほか、将来的に下取りに出す際に下取り不可となる場合があります。
 
Appleは水濡れによる損傷を防止するために、以下の行為は避けるよう注意を促しています。
 
・iPhone7/7 Plus を付けたまま泳いだり入浴したりする
・iPhone7/7 Plus に水圧が強い水や流速が大きい水をかける(たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
・iPhone7/7 Plus をサウナやスチームルームで使う
・iPhone7/7 Plus を故意に水に浸す
・iPhone7/7 Plus を推奨される温度範囲外または湿度が非常に高い環境で操作する
・iPhone7/7 Plus を落とすなど、衝撃を与える
・iPhone7/7 Plus を解体する(ネジの取り外しなど)
 

iPhone7が液体にさらされた:すべてのケーブルをはずし、完全に乾くまで充電しない

 
もしiPhone7が液体にさらされた場合は、まずすべてのケーブルを取りはずします。濡れている状態で充電すると損傷するおそれがあるため、5時間以上は間をあけ、iPhoneが完全に乾くまで充電しないようにしてください。
 
iPhoneを乾かすには、Lightning端子を下に向けた状態で、手の上でiPhoneを軽くたたいて、本体に残っている余分な液体を出してしまいましょう。そしてiPhoneを風通しの良い乾燥した場所に置きます。早く乾かすコツとして、Lightning端子の中にファンの冷気を直接当てるというテクニックがあります。
 
ただし早く乾かそうとして、ドライヤーなどをiPhoneに当てたり、Lightning端子に綿棒などの異物を入れるなどはしないようにしてください。
 
こちらの記事も参考に!

  • 【水濡れ】雨でiPhoneが濡れた!応急処置と絶対にやってはいけないこと
  •  

    iPhoneに水がかかった・ホコリが付着した:やわらかい布で拭き取る

     
    iPhoneに液体がかかったりホコリが付着した場合は、レンズ用クロスなど、やわらかい布で拭き取ります。SIMトレーを開く場合は、iPhoneが乾いていること、そしてホコリがついていないことを確認します。
     
    iPhone メンテナンス 布で拭く
     

    iPhoneが土や砂、洗剤など汚れや損傷の原因物質に触れた:すぐに清掃を

     
    砂ホコリなどの粉塵が内部に侵入せず、完全にシャットアウトするレベルの防塵性があるiPhone7ですが、土や砂、インク、せっけんや洗剤、酸性の食品など、汚れや損傷の原因となる物質にiPhoneが触れてしまった際は、すぐに清掃をする必要があります。
     

    1
    すべてのケーブルを取りはずし、iPhoneの電源を切る

     水濡れの応急処置とやってはいけないこと
     

     水濡れの応急処置とやってはいけないこと

  • スリープボタンを押したまま、画面に表示されたスライダをスライドして電源を切ります
  •  

    2
    レンズ用クロスなど、やわらかい布を使って清掃する

    iPhoneには、指紋を目立ちにくくするためのコーティングが施されています。このコーティングは普通に使用していても次第に摩耗するのですが、研磨剤などの清掃用品を使うと、このコーティングの劣化を早めることになり、iPhoneに細かい傷がつくおそれもあります。
     
    ですので清掃の際は、レンズ用クロスなど、やわらかく毛羽立たない布を使い、エアダスターなどの清掃用品は使用しないようにしてください。
     

    水濡れ故障はどこで判定?:SIMトレーを引き出した奥に装置がある

     
    iPhone7には、端末が水濡れ状態になったことを判定する「液体浸入インジケータ」が備えられています。この部分が液体に触れると赤くなって、保証対象外の基準となるのです。
     
    iPhone7シリーズの液体浸入インジケータは、SIMトレーを引き出したなかにあります。旧機種のiPhoneとほぼおなじ位置にありますが、iPhone7/7 Plusは判定範囲が広くなっています。この部分が濡れないように注意しましょう。
     

    液体浸入インジケータ iPhone7

    iPhone7、iPhone7 Plusの液体浸入インジケータ部分。ここが濡れないように注意しよう


     
    この部分は通常時、白またはシルバーですが、水や水を含む液体に触れると反応し、全体が赤くなります。通常の使用のなかでは、湿度や温度などの環境変化によってインジケータが反応することはありません。
     

    iPhoneが水濡れ故障した場合の修理費用はどれぐらいかかる?

     
    iPhoneがもし水濡れによって故障してしまった場合、Appleの保証を受けられないため、保証対象外の価格で修理することになります。
     
    AppleはiPhoneの修理・交換料金について、下記のように定めています。修理料金は診断結果やAppleCare+の保証状況によっても異なりますが、保証対象外の修理料金は、iPhone7は税別32,000円、iPhone7 Plusは税別34,800円となっています。
     
    Apple 保証 料金
     
     
    このように保証対象外での修理は決して安くはない費用がかかるため、水濡れ故障と判定されないように、iPhoneの近くで水を扱う場合は特に気をつけましょうね!
     
     
    Source:Apple [1], [2], [3]
    (asm)

     
     

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    [最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

    iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


    [格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

    iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる