トップページ > 3キャリアの新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」まとめ
ahamo、SoftBank on LINE、povo on au 3キャリアの2021年春 新プランまとめ

2021年3月提供開始!
オンライン契約限定の20GBプラン、3キャリアで何が違うの?

ソフトバンク、KDDI(au)、NTTドコモの大手3キャリアは、申し込み方法やサポート対応をオンラインに限定した、データ量20GBの低価格新プランを2021年3月より提供開始しました。各社の新プランを徹底比較し、プラン選びのポイントもまとめました。
 
※記事中の価格表記はいずれも税込です。
 
最終更新:2021年8月3日 18:10
 
【更新情報】
2021年8月3日 記事中の価格表記を税込に修正しました。

 

新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」の詳細を見る

LINEMO povo ahamo
オフィシャルサイトで詳細を見る
オフィシャルサイトで詳細を見る
オフィシャルサイトで詳細を見る

 

ソフトバンク、au、ドコモの新プランを徹底比較!

3キャリアのプランに共通するのは、申し込み方法がオンライン限定であることと、メインブランドと同品質のネットワーク、エリアが利用できることです。
 
データ量は月間20GB利用可能で、利用量が超過しても通信速度1Mbpsで使い放題となっています。ただし@softbank.ne.jpといったキャリアメールは付与されないため注意が必要です。
 
テザリング料金は不要で、データの追加も可能です(1GBあたり550円)。ネットワークは4G/5Gに対応していますが、auでの5Gは今夏からの対応となります。
 
上記に加え、各キャリアのプランにはそれぞれ特色があります。
 
ソフトバンクの「LINEMO」では、メッセージアプリ「LINE」での通信がカウントフリー対象となるほか、LINEスタンプが使い放題の特典を受けられます。2021年7月には月額990円で3GB利用できるミニプランが追加されました。
 
ドコモの「ahamo」は82カ国の国際ローミングが追加料金なしで利用できるのが特長です。auの「povo on au」(以下povo)は、トッピングというオプションにより、1回5分までの通話定額を必要に応じて設定できます。
 
3社新プランの基本料金は、ドコモの新プランでは、プランに1回5分までの通話定額が含まれており料金は月額2,970円から、ソフトバンクとauの新プランでは1回5分までの通話定額は月額550円のオプションで提供され、基本料金は月額2,758円からとなっています。
 
なおこの3キャリアの新プランは、格安SIM(MVNO)と同基準の低価格帯ですが、携帯電話料金をより安くしたい方には格安SIMもおすすめです。さまざまな格安SIMキャリアがサービスを提供していますが、なかでも、eSIMでの契約に対応したIIJmioのギガプランがおすすめです。

 

ソフトバンク KDDI ドコモ
ブランド名 LINEMO povo ahamo
サービス開始時期 2021年3月17日 2021年3月23日 2021年3月26日
月額料金(税込) 20GB 2,758円
3GB 990円
2,758円 2,970円
各種割引 家族割:対象外 auスマートバリュー、スマイルハート割引:いずれも対象外
家族割プラス:家族人数のカウント対象外
ファミリー割引:適用
みんなドコモ割:ahamo回線からの申し込みは対象外。すでに家族回線で適用済の場合はahamo回線をカウント対象にすることは可能
データ通信量/月 20GB
3GB
20GB 20GB
利用可能データ量
超過後の速度
送受信時最大1Mbps 送受信時最大1Mbps 送受信時最大1Mbps
データ追加(税込) 1GB 550円 1GB 550円 1GB 550円
利用できるネットワーク 4G/5G 4G/5G
(5Gは2021年夏対応予定)
4G/5G
通話料 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
1回5分までの
国内通話し放題
あり(オプション) あり(オプション) あり
通話オプション(税込) 550円で1回5分通話し放題
1,650円で24時間通話し放題
550円で1回5分通話し放題
1,650円で24時間通話し放題
1,100円で24時間通話し放題
テザリング 追加料金なし 追加料金なし 追加料金なし
キャリアメール なし なし なし
eSIM対応 対応 対応 非対応(対応検討中)
その他特長 「LINE」での通信をカウントフリー
※LINEトーク、LINE通話が対象予定。LINE内のサービスによりカウントフリー対象外になる場合がある
LINEスタンプ使い放題
国際ローミング対応
トッピング
220円 24時間データ使い放題
(データ量20GBとは別に利用可能、混雑時や動画などへの通信制御あり)
今後もトッピングメニュー追加予定
国際ローミング対応(開始時期は別途案内)
国際ローミング(82カ国)が追加料金なしで利用可能
手数料 新規契約事務手数料
機種変更手数料
MNP転出手数料
いずれも無料
新規契約事務手数料
機種変更手数料
MNP転出手数料(4/1~)
いずれも無料
新規契約事務手数料
機種変更手数料
MNP転出手数料
いずれも無料

2年の定期契約、
解約金もなし
同ブランドからの移行 SoftBank、Y!mobile、LINEMO間の移行はMNP扱いとなるが、手数料はかからない
継続利用期間の引き継ぎ可否は不明
au、UQ mobile、povo間の移行はMNP扱いとなるが、手数料がかからない
※当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料(UQ mobileではSIMパッケージ料金)」を一度支払うが、翌月以降の移行先の利用料金から割引対応
継続利用期間は引き継がれない
docomoからの移行はMNPではなくプラン変更扱いとなり、手数料はかからない
継続利用期間は引き継がれる
申し込み方法 オンライン限定
(LINE、Webサイト)
オンライン限定
(Webサイト)
オンライン限定
(専用アプリ、Webサイト)
サポート対応 Webサイト、LINE オンライン
※店頭、電話でのサポートは非対応
Webサイト、専用アプリ
※ドコモショップ、ドコモインフォメーションセンターなどは非対応

 

新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」の詳細を見る

LINEMO povo ahamo
オフィシャルサイトで詳細を見る
オフィシャルサイトで詳細を見る
オフィシャルサイトで詳細を見る

 

詳しく知りたい!ソフトバンクの「LINEMO」

 
LINEMO
ソフトバンクの「LINEMO」は、MVNOの「LINEモバイル」を吸収して誕生する新ブランドです。メッセージアプリ「LINE」での通信がカウントフリー(使い放題)、LINEスタンプが使い放題となるのが特長です。

「LINEMO」のポイント!

  • 月額2,758円でデータ量20GBプラン
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可能
  • LINEでの通信がカウントフリー
  • ソフトバンクと同品質の4G/5Gネットワーク・エリア
  • 1回5分までの通話し放題が基本料金に含まれない 550円で追加可能
  • SoftBank、Y!mobile、LINEMO間の移行はMNP扱い(手数料無料)
  • 申し込み、サポートはWebサイト・LINEで対応
  • ソフトバンクが発表した新ブランド「LINEMO」(発表当初のブランド名はSoftBank on LINE)は、先に発表されたドコモの「ahamo」に対抗する新プランです。ソフトバンクグループのMVNO「LINEモバイル」を事実上吸収して、MNOとして提供します。ソフトバンク、ワイモバイルのユーザーがLINEMOに移行する場合は、のりかえ(MNP)扱いとなります。ただしMNP手続きの際の各種手数料はかかりません。
     
    povoと同じく、データ量20GBが月額2,758円のプランで、利用データ量が超過後も送受信時最大1Mbpsで利用できます。ソフトバンクと同品質の4G/5Gネットワーク・エリアが提供されます。またLINEをよく利用する方はカウントフリー対象となるのもうれしい点です。
     
    2021年7月には、データ量3GBで月額990円のミニプランが追加されました。
     
    通話定額もpovoと同様に、基本料金内に1回5分までの通話し放題は含まれず、オプションとして550円をプラスすると1回5分まで通話し放題、1,650円をプラスすると24時間通話し放題となります。
     
    同グループのソフトバンク、ワイモバイルのプランと比較すると、LINEMOはデータ無制限プランなど大容量プランは必要ないけれど、5GBや10GBでは足りないと感じる方、複雑なプラン内容ではなくシンプルなプラン内容を選びたい方におすすめのプランです。
     

    LINEMO SoftBank Y!mobile
    データプラン 20GB 2,758円
    3GB 990円
    メリハリ無制限
    無制限 7,238円

    ミニフィットプラン+
    ~1GB 3,278円
    ~2GB 4,378円
    ~5GB 5,478円

    スマホデビュープラン
    1GB 2,178円
    (加入翌月~12カ月間は990円)
    シンプルS/M/L
    S 3GB 2,178円
    M 10GB 3,278円
    L 20GB 4,158円
    データ利用超過後
    速度制限
    送受信時最大1Mbps 送受信時最大128kbps S 送受信時最大300kbps
    M/R 送受信時最大1Mbps
    データ追加 550円 / 1GB 605円 / 0.5GB
    1,100円 / 1GB
    550円 / 0.5GB
    カウントフリー LINE通話、LINEトーク メリハリプラン:
    LINEなど複数のサービス
    なし
    テザリング 追加料金なし 無料 または 550円
    ※加入プランによる
    追加料金なし
    音声通話定額 基本料金には含まれないため
    必要に応じてオプション適用

    +550円
    1回5分まで通話し放題
    +1,650円
    24時間通話し放題
    +880円
    1回5分まで通話し放題
    +1,980円
    24時間通話し放題

    ※スマホデビュープランは基本料金内に1回5分までの通話し放題が含まれる

    基本 1回10分まで通話し放題

    シンプルS/M/Lでは基本に含まない
    +770円
    1回10分まで通話し放題
    +1,870円
    24時間通話し放題
    通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒 22円 / 30秒
    割引適用 各種割引適用外 半年おトク割
    みんな家族割+

    2人 660円引き
    3人以上 1,210円引き
    おうち割光セット
    データ利用量3GB以下のとき1,650円引き
    新規割(シンプルS/M/Lは適用対象外)
    おうち割光セット
    家族割引サービス
    キャリアメール 提供されない 提供される 提供される
    eSIM対応 対応 対応 対応
    利用できる
    ネットワーク
    4G/5G 4G/5G 4G/5G
    各種手数料 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料いずれも無料
    SoftBank、Y!mobile、LINEMO間の移行は「MNP」扱いとなるが手数料はかからな
    申し込み方法・
    サポート対応
    オンライン限定
    (LINE、Webサイト)
    Webサイト、チャット、電話、キャリアショップ Webサイト、チャット、電話、キャリアショップ
    こんな人に「LINEMO」がおすすめ!

  • 5GB、10GBでは不足するが大容量のデータ量は必要ない方
  • LINEトーク、LINE通話をよく利用する方
  • ソフトバンク網でコストパフォーマンスの良いプランを使いたい方
  •  
    注意!「LINEMO」とソフトバンク・ワイモバイルとの違い

  • 「@softbank.ne.jp」「@i.softbank.jp」といったキャリアメールはもらえない
  • 申し込みやサポートはオンラインのみ!店舗では取り扱わない
  •  

    新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」の詳細を見る

    LINEMO povo ahamo
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る

     

    詳しく知りたい!KDDI(au)の「povo」

     
    povo
    KDDI(au)の「povo」は、基本料金を低価格に抑え、必要に応じてオプション(名称はトッピング)を追加できる、自由度の高い新ブランドです。

    「povo」のポイント!

  • 月額2,758円でデータ量20GBプラン
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可能
  • トッピング(オプション)で24時間データ使い放題(220円)など追加可能
  • auと同品質の4G/5Gネットワーク・エリア(5G対応は2021年夏予定)
  • 1回5分までの通話し放題は基本料金に含まれない 550円で追加可能
  • au、UQ mobile、povo間の移行はMNP扱い(手数料無料)
  • 申し込み、サポートはWebサイトで対応
  • 1月13日に発表されたauの「povo」は、ドコモ、ソフトバンクが発表した春の新プランに対抗した新プランです。KDDIグループのメインブランド・auと、UQ mobile、povo on au間の移行はのりかえ(MNP)扱いとなります。ただしMNP手続きの際の各種手数料はかかりません。
     
    データ量は3社とも同じ20GBで、利用データ量が超過後も送受信時最大1Mbpsで利用できます。auと同品質の4G/5Gネットワーク・エリアが提供されます。さらにオプション(トッピング)で、220円で24時間データ使い放題も追加できます。
     
    ドコモは月額2,970円からの料金設定としているのに対し、auでは「1回5分までの通話し放題」をオプション扱いとすることで、月額2,758円からとしています。通話定額オプション(トッピング)は、1回5分までの通話し放題が550円、24時間通話し放題が1,650円となっています。
     
    同グループのau、UQ mobileのプランと比較すると、povoはデータ無制限プランなど大容量プランは必要ないけれど、5GBや10GBでは足りないと感じる方、複雑なプラン内容ではなくシンプルなプラン内容を選びたい方におすすめのプランです。
     

    povo au UQ mobile
    データプラン 20GB 2,758円 ピタットプラン 5G
    ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
    ~1GB 2,178円
    ~4GB 3,278円
    ~7GB 4,928円

    使い放題MAX 5G
    使い放題MAX 4G
    無制限 7,238円
    くりこしプラン
    S 3GB 1,628円
    M 15GB 2,728円
    L 25GB 3,828円
    データ利用超過後
    速度制限
    送受信時最大1Mbps 送受信時最大128kbps S 送受信時最大300kbps
    R/M/L 送受信時最大1Mbps
    データ追加 550円 / 1GB
    220円 / 24時間データ使い放題
    605円 / 0.5GB
    1,100円 / 1GB
    3,300円 / 3GB
    5,500円 / 5GB
    220円 / 0.1GB
    550円 / 0.5GB
    カウントフリー データMAX 4G LTE/5G のテレビパック、Netflixパックなどプランによりカウントフリー対象 節約モード時の場合、SNSなどカウントフリー
    テザリング 追加料金なし 無料 または 550円
    ※加入プランによる
    追加料金なし
    音声通話定額 基本料金には含まれないため
    必要に応じてオプション適用

    +550円
    1回5分まで通話し放題
    +1,650円
    24時間通話し放題
    +880円
    1回5分まで通話し放題
    +1,980円
    24時間通話し放題
    +770円
    1回10分までの通話し放題
    +1,870円
    24時間通話し放題
    +550円
    月間最大60分までの通話し放題
    通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒 22円 / 30秒
    割引適用 auスマートバリュー、スマイルハート割引:いずれも対象外
    家族割プラス:家族人数のカウント対象外、2021年夏までに契約した場合は早期申し込み特典でカウント対象
    家族割プラス
    スマホ応援割Ⅲ
    5Gスタート割
    auスマートバリュー
    2年契約N
    au PAY カードお支払い割

    データ利用量3GB以下のとき1,650円引き
    UQ家族割
    ギガMAX月割
    UQ学割
    シニア割
    キャリアメール 提供されない 提供される 提供される
    eSIM対応 対応 対応していない 対応していない
    利用できる
    ネットワーク
    4G/5G 4G/5G 4G/5G
    各種手数料 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料いずれも無料
    au、UQ mobile、povo間の移行は「MNP」扱いとなるが手数料はかからない(2021年4月以降)
    申し込み方法・
    サポート対応
    オンライン限定
    (Webサイト)
    Webサイト、チャット、電話、キャリアショップ Webサイト、チャット、電話、キャリアショップ
    こんな人に「povo」がおすすめ!

  • 5GB、10GBでは不足するが大容量のデータ量は必要ない方
  • 通話し放題は不要で携帯電話料金を安く済ませたい方
  • au網でコストパフォーマンスの良いプランを使いたい方
  •  
    注意!「povo」とau・UQ mobileとの違い

  • 「@au.com」「@ezweb.ne.jp」といったキャリアメールはもらえない
  • 申し込みやサポートはオンラインのみ!店舗では取り扱わない
  •  

    新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」の詳細を見る

    LINEMO povo ahamo
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る

     

    詳しく知りたい!ドコモの「ahamo」

     
    NTTドコモ ahamo 発表会
    ドコモの「ahamo」は、月額2,970円からの低価格で20GBが利用でき、ドコモ既存ユーザーの場合はMNPではなくプラン変更扱いで移行可能な新ブランドです。

    「ahamo」のポイント!

  • 月額2,970円でデータ量20GBプラン
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可能
  • 世界82カ国での国際ローミングが追加料金なしで利用可能
  • ドコモと同品質の4G/5Gネットワーク・エリア
  • 1回5分までの通話し放題が基本料金に含まれる
  • docomoからの移行はMNPではなくプラン変更扱い(手数料無料)
  • 申し込み、サポートはWebサイト・専用アプリで対応
  • 12月3日に発表されたドコモの「ahamo」は、ソフトバンク、auに先駆けて発表された低価格での20GBプランです。ドコモユーザーの方は、のりかえ(MNP)ではなくプラン変更扱いで移行できます。
     
    データ量は3社とも同じ20GBで、利用データ量が超過後も送受信時最大1Mbpsで利用できます。ドコモと同品質の4G/5Gネットワーク・エリアが提供されます。さらにahamoの特長として、追加料金不要で海外での利用も可能です(82の国・地域)。
     
    通話定額はLINEMO、povoと違い、基本料金内に1回5分までの通話し放題が含まれています。オプションとして1,100円をプラスすると24時間通話し放題となります。
     
    同グループのドコモのプランと比較すると、ahamoはデータ無制限プランなど大容量プランは必要ないけれど、5GBや10GBでは足りないと感じる方、複雑なプラン内容ではなくシンプルなプラン内容を選びたい方におすすめのプランです。
     

    ahamo docomo
    データプラン 20GB 2,970円 5Gギガホプレミア
    無制限 7,315円

    ギガホプレミア
    60GB 7,205円

    はじめてスマホプラン
    U15はじめてスマホプラン
    1GB 1,980円
    5Gギガライト
    ギガライト
    ~1GB 3,465円
    ~3GB 4,565円
    ~5GB 5,665円
    ~7GB 6,765円
    データ利用超過後
    速度制限
    送受信時最大1Mbps 5Gギガライト、ギガライト、ケータイプラン、はじめてスマホプラン、パケットパック:送受信時最大128kbps
    ギガホプレミア、ギガホ:送受信時最大1Mbps
    データ追加 550円 / 1GB 1,100円 / 1GB
    カウントフリー なし
    テザリング 追加料金なし 追加料金なし
    音声通話定額 基本 1回5分まで通話し放題
    +1,100円
    24時間通話し放題
    +770円
    1回5分までの通話し放題
    +1,870円
    24時間通話し放題

    はじめてスマホプランは1回5分までの通話し放題が基本料金に含まれる
    +1,100円
    24時間通話し放題
    通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
    割引適用 ファミリー割引
    (申し込み可能だが割引特典対象外)
    みんなドコモ割
    (カウントのみ対象)
    ドコモ光セット割
    (ペア設定のみ対象)
     
    dカードボーナスパケット
    dカード GOLD 利用額10%還元
    dカードお支払割
    みんなドコモ割
    ドコモ光セット割
    ずっとドコモ特典
    5Gギガホ割
    ギガホ割

    5Gギガホプレミア、ギガホプレミアの場合、データ利用量が3GB以下の場合1,650円引き
    キャリアメール 提供されない 提供される
    eSIM対応 対応検討中(時期不明) 対応していない
    利用できる
    ネットワーク
    4G/5G 4G/5G
    各種手数料 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料いずれも無料
    docomo、ahamo間の移行はMNPではなくプラン変更扱いとなるため、手数料はかからない
    申し込み方法・
    サポート対応
    オンライン限定
    (Webサイト、専用アプリ) 
    店頭での申込サポートを有償で行う 
    (ALADINでの受付は実施しない)
    Webサイト、チャット、電話、キャリアショップ

    ※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。
    ・オンライン手続きプランで24時間いつでも受付可能!
     ※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。
    ・20GB使えて2,970円/月(税込)
     ※機種代金別途
    ・国内通話料金は5分以内無料
     ※4 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
    ・海外82の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料(82か国の海外で利用できる旨は記載必須のため、記載必須。)
     ※ 15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
    ・ahamoのご契約を頂く際は、今お使いのスマホがそのまま使えます!
     ※ご利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利用いただくことはできません。ご利用中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。
    ・対応機種なら、SIMカードのみのご契約でOK
     ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み手続きが必要です。
    ・店頭サポート
     ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート」※2(税込3,300円)、をご利用ください。
    なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは本サポートの範囲外となります。端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」※3を別途お申込みください。
      ※2 お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
     ※3 お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

    こんな人に「ahamo」がおすすめ!

  • 5GB、10GBでは不足するが大容量のデータ量は必要ない方
  • 海外での利用が多く、手続き不要で安く済ませたい方
  • ドコモ網でコストパフォーマンスの良いプランを使いたい方
  •  
    注意!「ahamo」とドコモとの違い

  • 「@docomo.ne.jp」といったキャリアメールはもらえない
  • 申し込みやサポートはオンラインのみ!店舗では取り扱わない
  •  

    新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」の詳細を見る

    LINEMO povo ahamo
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る
    オフィシャルサイトで詳細を見る

     

    関連情報