これが必要ならiPhone17を待つべき!噂される6つの新機能とは

    iPhone17 AH

    iPhone17シリーズとiPhone17 Proシリーズには、6つの新機能が搭載されると噂されています。6つの新機能とはどのようなものでしょうか?噂をもとにその内容を確認します。

    目次

    iPhone17/17 Proシリーズの6つの新機能

    iPhone17シリーズとiPhone17 Proシリーズに搭載されると噂されている新機能は、下記のものです。

    1. iPhone17とiPhone17 Plusのディスプレイサイズ拡大
    2. iPhone17とiPhone17 PlusがProMotionディスプレイ搭載
    3. iPhone17 Proシリーズが画面下埋込み型Face ID搭載
    4. iPhone17 ProシリーズがWi-Fi 7に対応
    5. iPhone17 Pro Maxの望遠カメラの画素数が4,800万画素になる
    6. 全モデルのフロントカメラの画素数が2,400万画素になる

    iPhone17とiPhone17 Plusが大きく改良

    iPhone17とiPhone17 Plusに搭載される新機能で最も期待されるものは、ProMotionディスプレイでしょう。

    Androidスマートフォンと比較した場合、販売価格の割に貧弱と指摘されてきた最高リフレッシュレートが120Hzに対応、最低リフレッシュレートも下がることで、Proシリーズで利用可能な常時表示がベースモデルにも対応することになります。

    また、iPhone16 Proシリーズが搭載すると噂の6.3インチおよび6.9インチディスプレイが、1年遅れでベースモデルも採用する見込みです。

    これにより、iPhone16は6.3インチProMotionディスプレイを搭載、iPhone16 Plusは6.9インチProMotionディスプレイを搭載することになります。

    iPhone17 Proシリーズはついに画面下埋込み型Face ID搭載か

    iPhone17 Proシリーズで最大の目玉となりそうなのは、画面下埋込み型Face IDの搭載です。これで実現した場合、長円+丸型で構成されているDynamic Islandは、丸型のパンチホールになると考えられています。

    画面下埋込み型Face IDの採用は、全画面ディスプレイ実現に向けて大きな転換期になるでしょう。

    Wi-Fi 7への対応も予想されていますが、こちらは例年通りの順当な進化と考えられます。

    Proシリーズの中で差別化はiPhone17 Proシリーズでも行われる見通しで、Pro Maxだけが望遠カメラのイメージセンサーとして4,800万画素を選択する可能性が高そうです。

    1年後(iPhone18 Pro)には、Proにもこの望遠カメラが流用されるのではないでしょうか。

    フロントカメラの画素数が2,400万画素に

    あまり注目を浴びてこなかったフロントカメラも、iPhone17シリーズとiPhone17 Proシリーズの全モデルで2,400万画素に向上します。

    これまでよりも、自撮りの画質が改善されることが期待されます。

    iPhone17シリーズとiPhone17 Proシリーズに搭載される可能性が高い6つの新機能を確認しました。iPhone17とiPhone17 PlusへのProMotionディスプレイが、最も注目を集めそうです。

    Photo:Apple Hub/Facebook

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次