トップページ > 使い方 テクニック > [iOS9.2]最大5GBを添付して送信できる!メールの「Mail Drop」機能

読了まで 326

[iOS9.2]最大5GBを添付して送信できる!メールの「Mail Drop」機能

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Mail Drop
 
昨年12月に正式リリースされたiOS9.2ですが、「Apple Music」のほか、さまざまな機能改善とバグ修正が行われています。そのなかでも、メールをよく使う人に嬉しい新機能が「Mail Drop」です。
 

「Mail Drop」は最大5GBのファイルを送信可能

一般的に、メールに添付できるファイルの上限サイズは、最大2MBあるいは最大10MB程度ですが、iOS9.2以降で利用できる「Mail Drop」では、添付ファイルをiCloud経由で送信することにより、最大5GB(5,120MB)もの大容量のファイルを添付して送信できるようになりました。
 
添付ファイルは、Mac上のメールから、iPhone、iPad、またはiPod Touchのメールから、そしてMacやWindowsパソコンでiCloud.comから直接送信できます。すべてのファイル形式をサポートしていて、添付ファイルの容量はiCloudストレージの容量に含まれないのも嬉しい点です。
 
なお「Mail Drop」を利用するには、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud Drive」がオンになっている必要があります。
 

iPhoneで「Mail Drop」を利用して添付する手順

1
ホーム画面から「メール」を起動し、新規作成画面に入る

 

2
送信するアドレスをiCloudメールにする

 

 

3
本文入力欄を長押ししてサブメニューを表示させる

  • 「▷」をタップして添付ファイルの選択メニューにします。
  •  

  • 使用している端末に保存されている写真またはビデオを添付する場合は「写真またはビデオを挿入」をタップします。
  • iCloud DriveやDropboxなどのクラウドストレージから添付する場合は「添付ファイルを追加」をタップします。
  • 今回は「iCloud Drive」での添付手順を解説します。
  •  

    4
    添付したいファイルを選択する

  • 「添付ファイルを追加」をタップすると、iCloud Driveのファイル一覧が表示されます。添付したいファイルをタップします。
  •  

    5
    宛先など必要事項を入力し、送信する
  • 宛先や件名、本文を入力したら「送信」をタップします。
  • 大きい容量のファイルの場合はこのようにウィンドウが表示されます。「Mail Dropを使用」をタップします。
  •  

     

    6
    メールの送信が完了

  • ステータスが「送信中…」になったあと、通常の表示に戻れば送信完了です。
  •  

    !
    添付ファイルのダウンロード期限は30日間

  • 送信済みメールをみてみましょう。添付ファイルのダウンロード期限は30日間で、30日を超えると期限切れとなります。この期限は送信相手にも表示されます。
  • ただし「Mail Drop」の利用にはさまざまな制限がある

    「Mail Drop」を利用するには、iOS標準アプリの「メール」を使い、iCloudメールアカウントから送信する必要があります。ただし、「Mail Drop」を使って送信する際はさまざまな制限があり、以下の制限を超えた場合は送信できない可能性があります。
     

    • 添付ファイルを含んだメッセージのサイズが5GBを超えている
    • 非圧縮のフォルダがメッセージに添付されている
    • 送信メッセージの件数が多い、または宛先(受信者)の最大件数を超えている
    • 1TBのMail Dropストレージ制限に達した

     
    メッセージのサイズが5GBを超えた場合は、メッセージの内容を複数のメール・メッセージに分けて送信するか、添付ファイルを圧縮して容量を抑える必要があります。またフォルダを送ることはできないため、圧縮ソフトを使って圧縮して添付しましょう。
     
    またiCloudメールでは、1日に送信できるメッセージの件数が200件、1日に送信できる宛先(受信者)の数が1,000人までと制限されているほか、各メッセージの宛先(受信者)の数は100人までとなっています。この件数を超えると送信できないため注意しましょう。
     
    そして「Mail Drop」のストレージは、1TB(1,024GB)までとなっています。添付したファイルはユーザーが自由に削除することはできないため、このストレージ容量に蓄積されていきますが、添付ファイルはそれぞれ30日が経過すると期限切れとなります。もしストレージ制限の1TBに達してしまった場合は、過去の添付ファイルの期限が切れて使用可能なストレージが増えるまで、待つ必要があります。
     

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    [最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

    iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


    [格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

    iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Top