トップページ > 最新情報 > NTTドコモ、25歳以下に月50GB無料にする学生支援措置を6月末まで延長
2020年4月29日 01時41分

読了まで 29

NTTドコモ、25歳以下に月50GB無料にする学生支援措置を6月末まで延長

NTTドコモ ロゴ


 
NTTドコモは4月28日、25歳以下の契約者を対象に、データ通信容量50GBを上限として無償化する措置を6月末まで延長すると発表しました。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、大学などでオンライン授業の期間が延長していることに対応する学生支援措置です。

新型コロナ対応で50GBまで無料を6月末まで延長

NTTドコモは、大学などの教育機関で遠隔授業やオンライン授業の実施期間が延びていることに対応して、4月1日から5月末までとしていた「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」の実施期間を、6月末まで延長すると発表しました。
 
対象となるのは、2020年4月1日時点で25歳以下で、対象料金プランを契約しているユーザーです。条件を満たせば自動適用となるため、申し込みは不要です。
 
「スピードモード」および「1GB追加オプション」(通常は1GBあたり1,000円)の料金が、50GBを上限として無償となります。

「1GB追加」か「スピードモード」

「1GB追加オプション」は、通常速度で利用できるデータ量を1GBずつ追加することができます。
 
ただし、支援措置の対象となる1GB追加オプションの申し込み時に、支払い方法としてdポイントを指定した場合、利用されたポイントは返還されません。
 
「スピードモード」の場合は、事前に指定したデータ量まで通常速度で利用可能です。NTTドコモは、10GBのスピードモードに設定し、11GB以降は1GB追加オプションで1GBずつ購入する方法を推奨しています。
 
「スピードモード」では、データ量を無制限に設定することができますが、50GBを超えた場合は1GBあたり1,000円の料金が発生するので、利用状況に注意が必要です。

各社が支援措置を提供

大手携帯キャリアや一部のMVNOは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた総務省からの要請に応じ、学生向けのデータ通信容量の割引措置を実施しています。
 
ソフトバンクとY!mobileは先日、追加データ量50GBの無償提供を5月末まで延長すると発表しています。
 
このほか、携帯キャリア各社は携帯料金の支払い期限延長措置を実施しています。
 
 
Source:NTTドコモ
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる