2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2月24日はスティーブ・ジョブズ氏の誕生日

    スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズ
     
    Apple共同創業者のスティーブ・ジョブズは、1955年2月24日生まれで、2011年に56歳の若さでこの世を旅立ちました。同氏が存命であれば、きょうで68歳の誕生日を迎えていたことになります。

    Apple-1コンピュータからARデバイスへ

    ジョブズ氏は、スティーブ・ウォズニアック氏と1976年にApple-1コンピュータをローンチし、パーソナルコンピュータに革命をもたらしました。その後、Apple II、Lisa、初代Macintoshと製品を展開していき、Appleを解雇されてから自身が立ち上げたNeXTの買収によりAppleに舞い戻ったジョブズ氏は、iPod、iPhone、iPad、MacBook、iMacなどの画期的な製品群を世に送り出しました。iTunesやApp Storeなどのサービス事業の側面でも、同氏が大きな役割を担ったことでも知られています。
     
    iPodは昨年販売終了となりましたが、iPhone、iPad、Macラインナップは今でもAppleの主力製品であり、現最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏がジョブズ氏の精神を引き継ぐ形で、AirPods、Apple Watchなどの新製品を展開し、そしてさらに拡張現実(AR)デバイスの登場も間近に迫っているという状況です。

    今でもジョブズ氏の名前は度々語られている?

    ジョブス氏が残したレガシーは大きく、同氏の名前は今でもさまざまな形でメディアで語られています。
     
    まず、同氏にちなんで名付けられたApple Parkのスティーブ・ジョブズ・シアターや、オークションに出品されるジョブズ氏のサイン入りデバイスジョブス氏が所有したサンダルジョブス氏のAIのポッドキャスト出演ジョブズ氏の娘の新型iPhoneへの反応などです。
     
    Appleも節目ごとに、ジョブズ氏の功績を称える特設ページを公式サイトで公開するなど、今でも同氏を引き合いに出しており、その愛され度合いを伺うことができます。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:Matthew Yohe/Wikimedia Commons
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次