2022年11月17日 13時07分

読了まで 140

Apple M1/M2対抗チップ「Oryon」をQualcommが発表〜来年発売予定

Qualcomm Oryon


 
Qualcommが開催中の新製品発表イベント「Snapdragon SUMMIT」において、Apple M1/M2対抗チップとなる「コードネーム:Oryon」を発表しました。Orionは2023年に発売予定です。

元Appleの技術者が開発

「Snapdragon SUMMIT」において、Qualcommのジェラルド・ウィリアムズ氏が、Apple M1/M2対抗チップとなる「コードネーム:Oryon」を発表しました。
 
ウィリアムズ氏は元々、Qualcommが買収したNuviaに勤務、そのNuviaはウィリアムズ氏をはじめAppleシリコンを開発した技術者によって設立されています。
 
Oryonは、ラップトップ、PC、複合現実ヘッドセットなどに搭載されると同氏は述べています。
 
デバイスメーカーへのOryonの出荷は、2023年に開始される予定です。
 
ウィリアムズ氏は、Oryonの性能はApple M1/M2に十分対抗できるものになると述べていますが、Appleは2023年にM2 ProやM2 Maxを発売するとみられており、性能差を埋めるのは容易ではないとWccftechが指摘していました。
 
 
Source:Stuff
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる