M1/M2対抗チップの開発困難に〜NUVIA買収に絡みArmがQualcommを提訴 - iPhone Mania
トップページ > iPad Air > M1/M2対抗チップの開発困難に〜NUVIA買収に絡みArmがQualcommを提訴
2022年9月3日 00時15分

読了まで 144

M1/M2対抗チップの開発困難に〜NUVIA買収に絡みArmがQualcommを提訴

Nuvia


 
Wccftechが、QualcommのNUVIA買収には、NUVIAが所有するライセンスを無償で取得する意図があったとし、ArmはQualcommを提訴する意向を固めたと報じました。

M1/M2対抗チップを今年後半にサンプル出荷予定だったが

NUVIAは、A7(iPhone5s)〜A12X(iPad Pro)の開発に関与した、Appleの元従業員が2019年に設立した会社です。
 
Qualcommは、2021年1月にNUVIAを14億ドル(約1,950億円)で買収し、Apple Mシリーズとの性能差を埋めるNUVIA製Armチップを開発2022年下半期(7月〜12月)にサンプル出荷を行うと伝えられていました。

Apple Mシリーズ対抗チップの発売困難に

ArmがNUVIAに許諾していたライセンスは、2022年3月に失効したようですが、その後のArmとQualcommの交渉にも関わらず各種条件で合意できなかったため、今回の提訴に至った模様です。
 
Wccftechによれば、ArmはQualcommに対し、NUVIA製チップの設計を全て破棄するよう求めているとのことです。
 
今回の裁判は今後数年間続く可能性があり、その期間はApple Mシリーズに対抗するNUVIA製Armチップを販売するのが困難と予想されます。
 
 
Source:Wccftech
Photo:LinuxAddicts
(FT729)

カテゴリ : iPad Air, iPad Pro, Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる