iPad Pro(2024)に新情報〜2層・スタック型ハイブリッドOLED搭載か? - iPhone Mania
トップページ > iPad > iPad Pro(2024)に新情報〜2層・スタック型ハイブリッドOLED搭載か?
2022年8月31日 00時00分

読了まで 232

iPad Pro(2024)に新情報〜2層・スタック型ハイブリッドOLED搭載か?

iPad Pro MacBook OLED TS


 
韓国メディアThe Elecが、LG DisplayとSamsung Displayは、有機EL(OLED)ディスプレイ搭載iPad向けに、ハイブリッドOLEDディスプレイパネルを開発していると報じました。

2024年にiPad Proが、翌年にMacBook Proが搭載すると噂

業界関係者によれば、2024年に発売されるOLEDディスプレイ搭載iPad以降、Appleのタブレットおよびラップトップには、ハイブリッドOLEDディスプレイパネルが搭載されるとのことです。
 
ここで述べられているタブレットとはiPad、ラップトップとはMacBookのことで、ディスプレイサイズは10インチ〜20インチが想定されています。

安く、薄くするためのハイブリッドOLEDディスプレイパネル開発

ハイブリッドOLEDディスプレイパネルは、Samsung Displayが「UT:Ultra Thin」、LG Displayが「ATO:Advanced Thin OLED」と呼称しているもので、これらにはOLEDデバイスを保護する薄膜カプセル化(TFE:Thin Film Encapsulation)技術が用いられています。
 
TFE技術は現在、iPhoneが搭載するフレキシブルOLEDディスプレイパネル製造においてポリイミド(PI)基板に使用されており、パネル全体を薄くするのに有用です。
 
この技術をリジッドOLEDディスプレイパネル製造においてガラス基板に用いることで、現行のリジッドOLEDディスプレイパネルより薄く、フレキシブルOLEDディスプレイパネルよりも安く作れるメリットがあると、The Elecが説明しています。

AppleがハイブリッドOLEDディスプレイパネル製造を求めた理由

フレキシブルOLEDディスプレイパネルには、一部が不均一に見える問題点があるとThe Elecは指摘しています。
 
その原因は、PI基板を用いたフレキシブルOLEDディスプレイパネル製造工程における、レーザーリフトオフ(LLO:Laser Lift Off)に起因する可能性があると考えられています。
 
Appleはこれを嫌って、ガラス基板を用いたハイブリッドOLEDディスプレイパネル開発をSamsung DisplayLG Displayに命じたようです。
 
The Elecはまた、2024年に発売されるOLEDディスプレイ搭載iPadには、2層・スタック型OLEDディスプレイパネルが用いられると述べています。

2025年にはハイブリッドOLEDディスプレイパネルが主流に?

DSCCはハイブリッドOLEDディスプレイパネルについて、2025年にはOLEDディスプレイパネル出荷数の47%を占め、リジッドOLEDディスプレイパネルの34%、フレキシブルOLEDディスプレイパネルの19%を上回ると予測しています。
 
 
Source:The Elec,レーザーリフトオフ剥離膜/ジオマテック
Photo:Paulp(@thesiliconnews)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる