2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    OLEDディスプレイ搭載iPad(2024)発売に向け、サプライヤーが生産拡大計画

    iPad Pro MacBook OLED TS

    iPad Pro MacBook OLED TS
     
    韓国メディアThe Elecが、有機EL(OLED)ディスプレイサプライヤー各社が、同ディスプレイを搭載するiPad Pro(2024)発売に向け、生産規模拡大を計画していると報じました。

    3年後におよそ2倍の生産規模に

    UBI Reserchが現地時間2022年7月19日に発表した報告書では、全世界のIT製品向け(11インチ〜20インチ前後)OLEDディスプレイ用基板の面積が、2022年の223万平方メートルから2025年には443万平方メートルに拡大する見通しです。
     
    2025年のサプライヤー毎の生産規模は、Samsung Displayが最も大きく、それに、LG DisplayBOE、JOLEDが続くと見られています。
     
    Appleは2024年にOLEDディスプレイ搭載iPad Proを、2025年に同ディスプレイ搭載MacBookを発売すると噂されています。

    大型基板での製造計画

    Samsung DisplayとLG Displayは今後、IT製品向けに第8.5世代OLEDディスプレイ(2,200ミリ × 2,500ミリ)の製造を、BOEは第8.6世代OLEDディスプレイ(2,250ミリ x 2,600ミリ)の製造を開始するとの報道がありました。
     
     
    Source:The Elec
    Photo:Paulp(@thesiliconnews)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次