iOS/iPadOS15.4、macOS12.3などのパブリックベータ3がリリース

    iOS15.4 パブリックベータ3

    iOS15.4 パブリックベータ3
     
    Appleは現地時間2月16日、登録ユーザー向けにiOS15.4、iPadOS15.4、 macOS Monterey 12.3、watchOS8.5、tvOS15.4のパブリックベータ3をリリースしました。開発者向けベータ3から1日遅れでの提供です。

    開発者向けベータ3から1日遅れ

    iOS15.4、iPadOS15.4、 macOS Monterey 12.3、watchOS8.5、tvOS15.4のパブリックベータ3は、前日に開発者向けにリリースされたベータ3から1日遅れでのリリースとなりました。
     
    現地時間2月9日のパブリックベータ2から1週間でのパブリックベータ3のリリースとなっています。
     
    なお、HomePod15.4は、一部の開発者に限定して提供されており、パブリックベータはリリースされていません。
     
    一般ユーザー向け正式版の公開時期は、3月中旬ではないかと予想されています。

    マスク着用したままiPhoneで顔認証が可能に

    iOS15.4は、マスクを着用したままでもFace IDによるiPhoneのロック解除が可能になるのに加えて、Apple Payなどのユーザー認証にも対応しています。ただし、対応しているのはiPhone12/iPhone13シリーズのみです。また、37種の新しい絵文字が追加されます。
     
    iOS15.4ベータ3では、緊急連絡先を登録していないユーザーに登録を促すほか、Podcastアプリがエピソード並び替えに対応しています。
     
    iPadOS15.4と macOS Monterey 12.3では、iPadとMacをシームレスに連携して使えるユニバーサルコントロールに対応します。
     
     
    Source:9to5Mac (1), (2), (3), (4)
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次