iOS15.4、マスク着用で顔認証には顔の再登録が必要。複数メガネも登録可能 - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS15.4、マスク着用で顔認証には顔の再登録が必要。複数メガネも登録可能
2022年1月28日 10時10分

読了まで 211

iOS15.4、マスク着用で顔認証には顔の再登録が必要。複数メガネも登録可能

iOS15.4 ベータ1 Face ID


 
開発者向けにリリースされたiOS15.4ベータ1では、マスクを着用したままFace IDの顔認証でiPhoneのロックが解除可能になっているほか、複数のメガネを登録可能です。米メディア9to5Macが、実際の設定手順を紹介しています。
 
【追記】 マスクを装着したままの顔認証で、iPhoneのロック解除だけではなく、Apple Payによる決済やサードパーティー製アプリの生体認証にも対応することが分かりました。

マスク装着時の認証のため顔の再登録が必要

Appleが開発者向けにリリースしたiOS15.4のベータ1では、マスクを着けたままでFace IDの顔認証が可能になっています。
 
この機能はiPhone12シリーズ、iPhone13シリーズでのみ利用可能です。
 
iOS15.4をインストールすると、マスクを着用した状態でのFace IDの登録画面が表示され、「マスク着用時にFace IDを使う」をオン(緑)にすると、マスク装着状態でも顔認証が可能になり、顔の再登録に進みます。
 
iOS15.4 ベータ1 Face ID
 
なお、マスク装着状態での顔認証は、設定後にオフにすることもできます。オフにした後にオンに戻しても顔を登録し直す必要はありません。
 
顔の登録時に、マスクを着用している必要はありません。
 
そのまま顔の登録に進まず、「後で登録」を選んだ場合は「設定」>「Face IDとパスコード」から設定メニューを呼び出せます。

複数のメガネをかけた顔登録可能

顔の登録が完了すると「メガネを追加」ボタンが表示されます。
 
メガネをかけた状態の顔は複数登録可能です。登録しておくことで、メガネをかけてマスクを着用した状態での顔認証の精度が向上します。
 
iOS15.4 ベータ1 Face ID
 

マスク着用状態でも正確で高速な顔認証が可能

設定画面には、マスク着用時のユーザー認証は目の周辺の形状を用いて行なっており、正確な顔認証には顔全体が必要との注意書きがあります。
 
しかし、9to5Macが実際に試した範囲では、マスクを着用した状態でもFace IDによる顔認証は正確で高速だったとのことです。
 
ただし、サングラスを着用した状態だとFace IDは機能しません。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる