iOS15.4やmacOS 12.3、登録ユーザー向けパブリックベータ2がリリース - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS15.4やmacOS 12.3、登録ユーザー向けパブリックベータ2がリリース
2022年2月10日 08時13分

読了まで 214

iOS15.4やmacOS 12.3、登録ユーザー向けパブリックベータ2がリリース

9to5Mac iOS15.4


 
Appleは現地時間2月9日、iOS15.4、iPadOS15.4、macOS 12.3、tvOS15.4のパブリックベータ2を登録ユーザー向けにリリースしました。開発者向けベータ2から1日遅れでのリリースとなりました。

開発者向けベータ2の翌日にリリース

Appleは、現地時間2月8日にiOS15.4などの開発者向けベータ2をリリースした翌日、登録ユーザー向けに、iOS15.4、iPadOS15.4、macOS 12.3、tvOS15.4のパブリックベータ2をリリースしました。
 
iOS15.4ベータ2では、マスクを装着したままのFace IDによるユーザー認証の際にTrueDepthカメラに視線を送るよう促すメッセージが追加されています。なお、マスクを着用したままでFace IDが使えるのはiPhone12/iPhone13シリーズ限定です
 
このほか、iPhoneを決済端末として使ってApple Payによる支払いを受けることができる「Tap to Pay」に対応しています。ただし、実際に使用するには決裁プラットフォームの対応が必要です。Appleは「Tap to Pay」を2022年後半の提供開始と発表しています。
 
iOS15.4パブリックベータ2のビルド番号は19E5219eです。パブリックベータは、AppleのWebサイトから登録すれば無料で利用できますが、開発中のベータであり不具合も残っているため、メインで利用する端末にはインストールしないことをお勧めします。
 
iOS15.4などの一般ユーザー向け正式版の公開は3月前半ではないかと予測されています

ユニバーサルコントロールにも対応

macOS 12.3をインストールしたMacと、iPadOS15.4をインストールしたiPadを組み合わせると、ひとつのキーボードやトラックパッドでMacとiPadをシームレスに操作できるユニバーサルコントロールが利用可能です。
 
iPadOS15.4パブリックベータ2のビルド番号は19E5219e、macOS 12.3パブリックベータ2のビルド番号は21E5206eです。
 
tvOS15.4とHomePodOS 15.4では、Apple TVやHomePodがカフェやホテルなどで導入されているキャプティブWi-Fiネットワークに対応します。

 
 
Source:9to5Mac (1), (2), (3)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる