iPadとMacがスムーズに連携!ユニバーサルコントロールのハンズオン動画 - iPhone Mania
トップページ > iPad > iPadとMacがスムーズに連携!ユニバーサルコントロールのハンズオン動画
2022年1月28日 09時26分

読了まで 234

iPadとMacがスムーズに連携!ユニバーサルコントロールのハンズオン動画

iPadOS15.4 macOS Monterey 12.3 ユニバーサルコントロール


 
開発者向けにリリースされたiPadOS15.4、macOS Monterey 12.3のベータ1で利用可能になったユニバーサルコントロール機能を実際に試した動画を、米メディアMacRumorsが早速公開しています。MacとiPadをシームレスに連携させて操作している様子が伺えます。

ついに利用可能になるユニバーサルコントロール

現地時間1月27日に開発者向けにリリースされたiPadOS15.4とmacOS Monterey12.3のベータ1で、2021年の世界開発者会議(WWDC21)で発表されたものの提供が遅れ、「2022年春に利用可能」と案内されていたユニバーサルコントロールが、ついに利用可能となりました。
 
米メディアMacRumorsが公開した、ユニバーサルコントロールを実際に試した動画では、MacとiPadでファイルをやり取りし、Macから受け取ったファイルをiPad上のアプリで開く様子や、Macのキーボードを使ってiPadのアプリに文字を入力する様子、逆にiPadからMacを操作する様子などが確認できます。
 
iPadOS15.4 macOS Monterey 12.3 ユニバーサルコントロール
 
ユニバーサルコントロールは、複数のMacと複数のiPadを連携させて使うことも可能です。
 
ユニバーサルコントロールの設定メニューは、Macの「システム環境設定」で「ディスプレイ」内の「詳細」にあります。iPadでは「設定」>「一般」>「AirPlayとHandoff」にメニューがあります。
 
iPadOS15.4 macOS Monterey 12.3 ユニバーサルコントロール
 
なお、ベータ1では、iPadに接続したトラックパッドでMission Controlを呼び出すジェスチャー操作をしてもMacには反映されないようです。正式版公開までに修正される可能性があります。
 
MacRumorsが公開した動画はこちらでご覧ください。
 

 

MacとiPadの対応モデルはこちら

ユニバーサルコントロールを利用するには、対応するMacとiPadが、ともに2ファクタ認証を使って同じApple IDでiCloudにサインインしている必要があります。
 
ワイヤレスで使う場合は、両方のデバイスでBluetooth、Wi-Fi、Handoffがオン、デバイス間の距離が10メートル以内であることが必要です。USB接続で使う場合は、iPad上でMacを「信頼できるデバイス」として追加する必要があります。
 

Macの対応モデルは以下のとおりです。

  • MacBook Pro(2016以降)
  • MacBook(2016以降)
  • MacBook Air(2018以降)
  • iMac(2017以降)
  • iMac(27インチ5K Retina、Late 2015)
  • iMac Pro、Mac mini(2018以降)
  • Mac Pro(2019)

 

iPadの対応モデルは以下のとおりです。

  • iPad Pro
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad(第6世代以降)
  • iPad mini(第5世代以降)

 
 
Source:MacRumors, Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる