2021年10月21日 08時05分

読了まで 223

MediaTekのDimensity 2000、SD898を超えるCPUスペックに?

DimensityとSnapdragonの画像


 
スマートフォン向けの次世代フラッグシップ システム・オン・チップ(SoC)の争いはかなり白熱したものとなりそうです。
 
MediaTekのDimensity 2000のCPUスペックは、Qualcommの 898よりも高いものになるという情報が入ってきました。

ラージコアの周波数が高いDimensity 2000

WeiboユーザーのDigitalChatStationによると、MediaTekのDimensity 2000とQualcommのSnapdragon 898は以下のようなとなるそうです。
 

Snapdragon 898 Dimensity 2000
製造プロセス 4nm TSMC 4nm
メガコア Arm Cortex-X2 x 1(3GHz) Arm Cortex-X2 x 1(3GHz)
ラージコア 2.5GHz x 3 2.85GHz x 3
スモールコア 1.79GHz x 4 1.8GHz x 4
GPU Adreno 730 Mali-G710 MC10
モデム Snapdragon X65 MTK M80

 
ここで注目すべきは、ラージコアの動作周波数の差です。Snapdragon 898が2.5GHz駆動なのに対し、Dimensity 2000は2.85GHz駆動と、10%以上上回っています
 
この情報ではCPUコアの種類は不明ですが、別情報ではどちらもArm Cortex-A710を搭載するといわれています。
 
同じCPUコアだとすると、SamsungとTSMCという製造プロセスの差が出たのかもしれません。
 
一方、GPUについては今のところMali-G710に関する情報が無く、差は不明です。

発熱が少なくて安いDimensity 2000

さらに、Dimensity 2000はSnapdragon 898よりも発熱が少なく価格も安いという情報もあります。
 
すでにいくつかのスマートフォンメーカーがDimensity 2000のテストをおこなっており、採用が広がるかもしれません。
 
Android向け次世代フラッグシップSoCという意味では、SamsungもExynos 2200を外販する計画があるとされており、三つ巴の争いになりそうです。

 
 
Source: DigitalChatStation/Weibo via Sparrows News
(ハウザー)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる