Dimensity 2000はSnapdragon 898より20%以上低消費電力?

    MediaTek製SoCの画像

    MediaTek製SoCの画像
     
    スマートフォン向けシステム・オン・チップ(SoC)のシェア首位のMediaTekは、次期フラッグシップSoCとしてDimensity 2000を開発しているといわれています。
     
    このDimensity 2000は電力効率を大幅に改善し、ライバルであるSnapdragon 898よりも20%以上消費電力が低いとのことです。

    約20%~25%低消費電力なDimensity 2000

    MyDriversのレポートによると、MediaTekDimensity 2000を今年末から2022年初頭に発売するとされています。
     
    そして、このDimensity 2000は、Qualcommの次期フラッグシップSoCであるSnapdragon 898よりも約20%~25%消費電力が低いとのことです。
     
    Dimensity 2000はTSMCの4nmプロセスで製造されますが、Snapdragon 898もTSMCあるいはSamsungの4nmプロセスで製造されるといわれています。
     
    プロセス世代が同じにもかかわらず、これほどの差がつく理由については触れられていません
     
    価格はDimensity 2000のほうが安いとのことです。
     
    Snapdragon 898については、発熱が激しいという情報もあります

    性能も改善されるDimensity 2000

    Dimensity 2000は、消費電力だけでなく、性能も改善されるといわれています。
     
    CPUにはArm Cortex-X2とCortex-A79を搭載し、GPUにはArm Mali G79を採用するとのことです。
     
    また、MediaTek独自の「MediaTek Dimensity 5G Open Resource Architecture」にも対応し、各スマートフォンメーカーがある程度自由にチップをカスタマイズして使うことができます
     
    MediaTekは2021年第2四半期(4月~6月)にスマートフォン向けSoC市場において、43%のシェアを獲得して2位のQualcommに大きな差をつけました。
     
    また、AMDとPC向けSoC開発で協業するという情報もあります。

     
     
    Source: MyDrivers via Gizmochina
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次