2021年10月18日 11時22分

読了まで 22

Dimensity 2000が多くのAndroidハイエンドスマホに採用?

MediaTek製チップの画像


 
台湾の半導体メーカーであるは、向けシステム・オン・チップ(SoC)市場においてQualcommを超えるシェアを持っているものの、これまではハイエンドスマートフォン向けではQualcommがほぼ独占状態でした。
 
しかしながら、2022年にはMediaTekのフラッグシップSoCであるDimensity 2000多くのメーカーに採用され、Qualcommの牙城が崩れるかもしれません。

すでに複数のスマホメーカーがDimensity 2000をテスト中

WeiboユーザーのDigitalChatStationによると、すでにいくつかのメーカーがDimensity 2000をテスト中とのことです。
 
Dimensity 2000はArm Cortex-X2の採用や4nmプロセスでの製造をはじめ、Qualcommの次世代フラッグシップSoCであるSnapdragon 898と同等のスペックを持ったSoCです。
 
それでいて価格が安く発熱も少ないといわれています。
 
テストモデルでは、100Wの急速充電、2K解像度のディスプレイなど、ハイエンドAndroidスマートフォンにふさわしい仕様となっており、これまでが独占していたハイエンドAndroidスマートフォン向けSoC市場の牙城を崩すかもしれません。

Vivo X80がDimensity 2000を採用?

具体的な名前が挙がっているのは、のX80シリーズです。
 
このスマートフォンはDimensity 2000のほか、5,000万画素の5軸手ぶれ補正搭載カメラなど、豪華な仕様が盛りだくさんとなっています。
 
ユーザーにとって2021年は、Snapdragon 898とDimensity 2000のどちらを選ぶべきか頭を悩ませる年となるかもしれません。

 
 
Source: MyDrivers, Sparrows News via Gizchina
(ハウザー)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる