トップページ > iOS > NTTドコモ、iOS15のプライベートリレーでdアカウント認証などに影響と注意喚起
2021年9月18日 15時05分

読了まで 233

NTTドコモ、iOS15のプライベートリレーでdアカウント認証などに影響と注意喚起

NTTドコモ iOS15 プライベートリレー


 
NTTドコモは、iOS15の新機能「プライベートリレー」がオンになっていると、dアカウントの2段階認証や、iチャネルの一部機能に影響が出ると注意を呼びかけています。「プライベートリレー」をオフにすると問題なく利用可能です。
 
※記事中の機能や使用しているスクリーンショットは、取材に基づく特別な許可に基づき使用しています。機能やデザインは、iOS15パブリックベータのものであり、9月21日に公開予定のiOS15正式版では変更される可能性がありますのでご了承ください。

dアカウントの2段階認証などに影響

NTTドコモは、9月21日に公開予定のiOS15/iPadOS15にアップデートしたiPhoneやiPadでiCloudプライベートリレーがオンになっていると、dアカウントメニューの一部機能が利用できない可能性があると案内しています。
 
影響を受けるのは、パスワードの確認、2段階認証の設定、dアカウント利用履歴、ログイン通知/ログイン情報詳細、ID発行などです。
 
プライベートリレーをオフにすることで問題を回避できます。

「iチャネル」の一部コンテンツにも影響

NTTドコモの情報配信サービス「iチャネル」でも、iCloudプライベートリレーがオンになっていると一部コンテンツの利用が制限されます。
 
影響が出るコンテンツは、以下のとおりです。
 

  • iPhoneアプリ版:天気チャンネル内の10分天気が利用できなくなる
  • iPadブラウザ版(Safari):パケット定額サービスを利用していなくても動画再生が可能になってしまう

 
なお、iPhoneアプリ版では、プライベートリレーがオンの場合、パケット定額サービスでないと動画再生されません。

ソフトバンクは通信量カウントフリーなどに影響と発表

ソフトバンクも、プライベートリレーにより一部サービスに影響があると呼びかけています
 
青少年向けフィルタリングサービス「ウェブ安心サービス」が利用できなくなるほか、ソフトバンクの「動画SNS放題」やLINEMOの「LINEギガフリー」でデータ通信量が消費されます。
 
いずれも、プライベートリレーをオフにすれば通常どおり利用可能です。

ベータ版として提供されるプライベートリレー

プライベートリレーのオン/オフは、「設定」アプリでユーザー名をタップし、「iCloud」メニューから切り替えられます。
 
プライベートリレーは、Safariの閲覧履歴やiPアドレスなどの情報を保護するプライバシー機能で、iOS15の公開当初はベータとして提供されます。
 
 
Source:NTTドコモ (1), (2) via ケータイwatch
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる