トップページ > 最新情報 > Appleシリコン「A14T」搭載iMacは?リーク情報からのレンダリング画像各種
2020年11月7日 12時10分

読了まで 222

Appleシリコン「A14T」搭載iMacは?リーク情報からのレンダリング画像各種

Apple Silicon Macs_012


 
Appleは2021年発表をめどに、A14Tと呼ばれる新型Appleシリコン、コードネーム「Mt.Jade」を開発しており、筐体を刷新して登場するiMacに搭載するとの噂もあります。そうした噂をもとにしたレンダリング画像が公開されました。

2021年以降のAppleシリコン搭載新製品

Appleは8コアのA14Xを搭載する新型13インチMacBook Air、12コアのA14Xを搭載する新型13インチMacBook Proを開発済みで、現地時間11月10日のイベントで発表すると噂されているほか、2021年第2四半期(4月〜6月)には更に別のAppleシリコン搭載MacBookを発表するとする噂もあります。
 
iMacに関しても、Apple自社開発GPUであるコードネーム「Lifuka」と、デスクトップ向けチップであるA14T、コードネーム「Mt.Jade」を搭載し、筐体を刷新して登場するとのChina Timesの報道があります。
 

A14T搭載新型iMac

Apple Silicon Macs_04
 
リーク情報で知られるソニー・ディクソン氏(@SonnyDickson)は、新型iMacには、30インチ~32インチディスプレイを搭載したモデルと、23インチか24インチディスプレイを搭載したモデルの、2モデルがラインナップされるだろうと予想しています。
 
Apple Silicon Macs_09
 
ディクソン氏によれば、新型iMacは、Apple Pro Display XDRと似た狭いベゼルを採用、iPad Proを拡大したようなデザインになるようです。
 

12インチMacBook後継モデル

Apple Silicon Macs_03
 
著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏は、Appleはバタフライキーボードを諦めたわけではなく、現在も改良を続けており将来的に復活させる可能性があると伝えていました。
 
Apple Silicon Macs_01
 
China Timesも、Appleシリコン搭載の軽量型12インチMacBookがコードネーム「Tonga」のもと開発が進められており、バッテリー駆動時間は15時間〜20時間を実現すると予想しています。
 

新型14インチMacBook Pro

Apple Silicon Macs_013
 
アナリストのミンチー・クオ氏は業界筋から得た情報として、Appleシリコンを搭載したMacBookに関し、2020年第4四半期(10月~12月)に新型13.3インチMacBook Proが発表、その後順次、新型MacBook Air、デザイン変更の伴う新型14インチおよび16インチMacBook Proが発表されるだろうとの予想を伝えていました。
 
 
Source:Wccftech, iMore, Svetapple.sk
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる